月夜の影踏み

鳩子の子どものころの記憶にある、影踏みの遊びは、二人くらいで向き合って、影を踏まれないようにからだをかわしてよけながら、ときにはフェイントをかけたりして、相手のすきをついて相手の影を踏む、というものでした。「影踏み鬼」といわれるような、数人で鬼ごっこのように鬼が入れ替わって行くというのではありませんでした。

影踏みについて、古い本から引用した説明があります。
http://kodomo-kai.net/kids/modules/silver6/index.php?id=9

「月夜の遊戯にして、月の光にて地上に印する影を互いに踏み合うにて、我が影は人に踏まれざるようになし、人の影を踏まんと競い廻るなり。このとき児童は手を打ちつつ互いに左の如く唄う。
 影やどうろく神(じん)、十三夜の牡丹餅、サア踏んで見ィしゃいナ。」

影踏みは「月夜の遊戯」だと書かれています。神秘的なイメージがわいてきます。

「どうろくじん」とは道祖神のことですが、道祖神の影のように、十三夜のぼた餅が道に落ちてるみたいに真っ黒に見える、というような意味になるでしょうか。
昔話で、道に落ちてたぼた餅を拾って食べようとしたら、ぼた餅ではなくて馬の(ふん)だったという笑い話があります。「牡丹餅、サア踏んで見ィ」というのは、運が悪ければ馬の(ふん)、それでよければこの黒い影を踏んでみな、という意味になって、遊びのスリルも満点です。

大人たちは、夜道で自分の影を踏まれることを不吉だと考えていたようです。「魂を抜かれる」とも言いました。影は、その人のもう一つの魂なのでしょう。分身でもあります。

男の子が女の子の影を踏むと、女の子の魂を手に入れることができるのでしょうか。それはわかりません。
それとも、男の子の影は、男の子の中に潜む女の子の心なのかもしれません。絶対に取られたくないと思う子もいるでしょう。

影を踏まれないように、30センチくらいからだを反らしてよけたつもりでも、影は20センチくらいしか動かなくて踏まれてしまうこともありました。自分の意志通りには動かないような、やっぱり何か別の種類の魂だからなのかも

Trackbacks

コメント

< 影踏み歌 | top | 好きな童謡30 >