1993年

1993年といえば、ウインドウズ3.1。パソコンで写真をスキャナして、色調整をしたり、そんな夢のようなことができるようになりました。今とくらべれば性能はまだ低かったですけどね。

そのころの鳩子はといえば、だんだん気持ちが楽になってきたときでした。それなりに肩肘はって生きてきたようなところもありましたから。
それ以前は慢性的な肩凝りがとてもひどくて、朝おきたときから肩から背中のあたりがとても痛かったり、でもそういうのもいつのまにか消えていました。
エリザベスさんとも距離をおいて、鳩子としてはあまり人と会うことをしなくなったのです。そうするとトランスさんたちの悩みというのが、あまりこちらに感染してこないですから、気楽だったのかもしれませんね。人との交流は、たまに男性や(純)女性と会う程度になりました。
ところで最近の肩凝りはやっぱり年齢のせいなんでしょうね^^;

「影踏鳩子星」という新タイトルはどうでしょう

Trackbacks

コメント

hanajan : 2008年2月25日 23:15

余分なコトをカキコするようで恐縮ですが…
このお写真のオッパイは可愛いですね。。。


因みに、ワタシの場合、標準をC75として見てしまい、チチやファンデのサイズも、それに倣いました。。。
そうすると、思ったよりもチチのサイズが大きくなりまして、見た目、Eカップぐらいだと思われています。
それとなく、ヲトコの眼がランランとしている理由が分かりますが、チチの大きさでオンナの価値が意味付けられる訳ではないでしょうに。。。

以上

さと : 2008年2月26日 01:11

鮮やかなブルーのツーピースと
カチューシャ?がとても素敵です。露草のようですね〜


肩こりはやはり、年齢と共にやってくるみたいですね(><)

そう。題名の『影踏鳩子星』って可愛くてでもどこか
ミステリアスでそしてなんかめるへんちっくで
私は凄くいいと思いますよ。^^

あー。もう一つの私のHPをお知らせしておきます
殆ど更新しないけれど・・・・、

鳩子 : 2008年2月26日 03:00

hanajanさん♪ こんばんは。
写真の着てるものはちょっときゅうくつな感じなのですが、胸が大きい?せいなのか、からだが大きいせいなのか、よくわかりませんが、たぶん後者?、
1993年の撮影なのですが、鳩子も希望で胸がふくらんでいたころの写真といえるかもしれませんね。^^;

鳩子 : 2008年2月26日 03:01

さとさん♪ そうですね、紫露草というのでしょうね。
スカートはふわっとしたキュロットでお気に入りだったのです。
肩凝りはやってくるんでしょうね、
若いころのは何かのストレスのせいだったのかも。

タイトルの案は、影法師→帽子→星、という連想で、
踏みは文でもあるのですが、
もう少し考えてみますね、ありがとうございます。

さとさんも、たくさんサイトがあるのですね! 
詩的なのがやっぱりいいですね。すごく書いてますね〜

< ちょっとからくち | top | 影踏み歌 >