人生の落ち穂拾い

インフォシークの広告は大きくなりましたが、ホームページは先細り、どなたさまも似たようなことになってはいませんか?
さて、

人生の落ち穂拾いの季節がやってきているような……。

というより、人類の歴史はもうとっくの昔に、落ち穂拾いの時代になっていたのかもしれませんね。

でも今までは収穫した穂よりも、落としてしまった穂のほうが多かったような気もします。

これまで見たり聞いたり、読んだりしたもののうち、ちゃんと消化できたものが、どれほどあったといえるでしょう。
それは、たぶん、落とし物だらけの人生。

いちばん大きな落とし物は、私自身?。
でも、ほんとうは、私自身が誰かの落とし物だったのかもしれないし。

Trackbacks

コメント

鳩子 : 2008年12月14日 02:09

誰の落とし物かというと、それは、
お月さまの落とし物でしょうね ^^;

美影 : 2008年12月21日 12:29

このお写真は構図がとっても印象的ですね。
文章の内容ともシンクロナイズドしていて、芸術的な掌編に
仕上がっているように思いました。

鳩子 : 2008年12月22日 01:54

こんばんは♪ 大正ロマンの話題以来でしたっけ
写真はトリミングのたまものですね。人物写真ですと、人物の顔に視線が行きがちになりますが、トリミングで顔を省いてしまうと面白いものになりますね。人物がまん中で何か主張しているような写真は面白みに欠けるところもありますよね

< 1970年代の卵 | top | 風邪の一日 >