ネットの居心地

鳩子のホームページを始めてまもなくのころ、全部のページをプリントして本のように綴じて持ち歩いてくれてた人がいました。うれしくなってしまいますよね。
その後、ブログ形式で文章も増えてきたころ、本にしてもそこそこ売れるかもなんて言ってくれた人もいましたが、……、お言葉だけありがたくちょうだいすることになりました。

詩集と思い出話と、思い入れたっぷりの歴史物をセレクトして……、でも売れないですよね。自分が買う立場だったら買いません。おじさんたちだって買っても置き場所に困るでしょう。

なんといってもネットは居心地がいいですし、ずっといつまでも存在できるみたいです。
毎日の日記そのものとして書いている人は、日記ですからいつか消したくなることもあるのだと思いますが、鳩子のブログは、書き残しておきたいことを中心に書いているわけですから、全部消したくなることはないと思います。
広告のない有料のHPや、ブロバイダのサービススペースとかを借りたホームページですと、料金未納になったりブロバイダをやめたりしたときに、ページは消されてしまうそうですが、広告入りの無料レンタルですと、一年以上更新がなくても少しでもアクセスがある限り消されることはないという話もあります。アクセスがあれば広告が表示されて、そこの会社の収入になるわけですから。

Trackbacks

コメント

< 9月の雨 | top | 誰に似てる? >