「がんばろう」と「祈り」

日本の最近のヒット曲は、歌詞の内容はとにかく「がんばろう、がんばろう」という内容しか伝わってこないのでつまらないという意見も多いことでしょう。なぜそうなってしまったのか、よくわかりませんが、最近ちょっと思っていたことを書いてみます。

もう20年以上も前に聞いた話なのですが、あるプロ野球のオーナーが試合を観戦に来て、試合後に選手を激励しようと、主砲のアメリカ人選手と面会したそうです。オーナーは帰りぎわにその選手に「これからもぜひがんばってください」と言ったのですが、通訳の人が「がんばって」のところを「ドゥー・ユア・ベスト」と直訳してしまい、選手は急に不機嫌な態度になって「自分はどんなときでも常にベストを尽くしている、そんなことを他人から言われる筋合いはない」ということだったそうです。日本語の「がんばって」は「グッド・ラック」と通訳すれば良かったわけなのですね。

たぶん今の売れてる曲の「がんばろう」も「グッド・ラック」の意味なんでしょう。「いつかきっと……」「どうにかなるさ」「ケセラセラ」……、心情的には昔の歌と変わりないんだと思います。だったらそのような言葉にすれば、もっとイメージが広がると思うのですが、言いにくい時代なのでしょうか。
「グッドラック」ですから、祈りのことです。「がんばろう」というのは、祈りの歌の変種というわけだったのでしょうね。歌はもともと、素朴な祈りの言葉から発生したものだと思うので、とても理にかなっていると思うのです。でも何か違いますね。

ある若い人の詩とブログ(日記)をみたとき、不思議なことに気づきました。ブログでは短く自分の意見も書いてあって、そんな中に詩的な表現もあったのです。でも詩は日常的な描写ばかりでプライベートな日記そのものにみえました。詩が日記になってしまって、日記にときどき詩が入ってるような感じ。日記は自由に書くのでたまに面白いですが、詩は何か固定観念にとらわれているようにみえました。

小学校の国語の授業で子どもに感じたままを書きなさいという教え方は、問題が多いのはほんとうでしょうね。感じたままとは、内面描写なのです。「抒情」オンリーの日本の詩歌の伝統が問題だという指摘もありますが、それよりも内面描写とは、自分を客観視できて初めて可能なのです。日本人はそれが苦手だったので、風景描写の中で抒情を表現してきたのでしょう。でも明治のころの「抒情」とは、あの幕末の志士たちの妙なエクスタシーのことを言ってたのかもしれませんね。それはアララギさんたちと直結する傾向です。ウィキペディアのアララギをみたら「写実的、生活密着的歌風」と書いてありましたが、書いた人は皮肉のつもりなのかしら

誰に似てる?

ある初老の男性が、偶然に、初恋の人にそっくりの女性に出逢うわけです。しかもその女性は30年前に別れたときの年齢そのままの若さ。彼は時間の感覚が混乱して、夢の世界をさまよい始めてしまうのですが、よくあるオチとしては、そっくりだったのは初恋の人の娘だったから、というのがあると思います。でも、ちょっとひねって初恋の人の「息子」がトランスした女性だった、というストーリーを考えたことがあります。

子どもはたいてい母か父のどちらかに似ると思いますが、鳩子はどちらかというと母親似? お化粧しない状態ではそんな感じですが、お化粧のあとでは叔母や姉のほうがよく似てるかもしれませんね。年齢が近い人のほうがくらべやすいというのはあると思います。女きょうだいに似てなくても、従姉妹にそっくりという人もいるみたいです。イトコでもだめなら、ハトコはどうでしょう(あまり良いシャレではありませんでしたね)

ネットの居心地

鳩子のホームページを始めてまもなくのころ、全部のページをプリントして本のように綴じて持ち歩いてくれてた人がいました。うれしくなってしまいますよね。
その後、ブログ形式で文章も増えてきたころ、本にしてもそこそこ売れるかもなんて言ってくれた人もいましたが、……、お言葉だけありがたくちょうだいすることになりました。

詩集と思い出話と、思い入れたっぷりの歴史物をセレクトして……、でも売れないですよね。自分が買う立場だったら買いません。おじさんたちだって買っても置き場所に困るでしょう。

なんといってもネットは居心地がいいですし、ずっといつまでも存在できるみたいです。
毎日の日記そのものとして書いている人は、日記ですからいつか消したくなることもあるのだと思いますが、鳩子のブログは、書き残しておきたいことを中心に書いているわけですから、全部消したくなることはないと思います。
広告のない有料のHPや、ブロバイダのサービススペースとかを借りたホームページですと、料金未納になったりブロバイダをやめたりしたときに、ページは消されてしまうそうですが、広告入りの無料レンタルですと、一年以上更新がなくても少しでもアクセスがある限り消されることはないという話もあります。アクセスがあれば広告が表示されて、そこの会社の収入になるわけですから。

9月の雨

お彼岸だというのにこの残暑は何ざんしょ。ほんとにうんざりです。

関東地方では、普通なら今ごろは「秋の長雨」といって、秋雨前線が停滞して、梅雨のころより9月のほうが雨が多いくらいなんだそうです。
そういえばちょうど20年前に東京神田のエリザベス会館というところへ最初に行った日も、雨が降ってましたね。

デートのときもよく雨が降ってましたけど、鳩子が何か新しいことを始めようとするとたいてい雨が降ってたみたいです。それで、このごろは、雨が降らないと何もやる気にならないような、逆転した心理におちいってしまってるのかもしれません。

写真は去年の9月の雨の日です。

匂いの記憶

部屋でごろごろしながら古い本を見ていたら、ぼんやりと眠気に包まれそう。

あたしは目を閉じて、本を開いたまま顔の上にかぶせてみました。
そしたら、古い本の、ほこりっぽい匂いが、とても懐かしい感じ。

子どものころ、締め切られた暗い部屋の中で、古い箪笥から母や姉たちの古着を出してみては、自分で着せかえ人形のようになって、いつまでも遊んでいた、あの部屋の匂いに似ています。

今でもよくおぼえている懐かしい匂いです。

スポーツニュースで

世界柔道選手権のニュースを見ました。4階級が終わって、女子は銀2銅1、男子はゼロ。
男子選手の表情にはルール変更への不満ありありの感じ。ちょっと男らしくないと見られてしまうかも。
国際スポーツになったのですから、国際ルールに従うのはしかたありません。でなければ家元制度のようなお稽古事として存続してゆくしかなくなってしまいます。

常識的に考えれば、少々のルール変更くらいは、若い選手ならすぐに対応できると思うんです。でも指導部のおじさんたちはダメでしょう。やはり男子のほうが組織の上下関係に忠実だから、成績までそうなるのかも。その点、女子のほうが自分を見失うことが少ないのでしょう。

結果がすべてではないといえばそれまでなのですが、組織が個人を伸ばせないことがあるなら、なんとかできないものかと思います。いろんな分野で似たようなことが起こってるような気もしますし。

ホームページで四年あまり

ホームページを始めて四年あまり。あたしもちょっとふりかえってみましょう。

最初の2003年は、アルバムやエッセイや日記をときどき更新しながら、メールをたくさん書いてました。メールがたくさん来てたのですね。けっこうネットアイドル路線だったのかも?

2004年は画像掲示板ブームだったのですが、途中で息切れしました。メールもまあまあありました。九月から日記をほとんど毎日書くことにしました。でもブログは知らなかったのでHPの1ページとして書いてアップしてました。書いた内容は「トランスジェンダーな日々」に吸収されています。

2005年は、2つのブログでがんばってました。ホームページの更新がほとんどなくなってしまったので、ただの過去ログだった「トランスジェンダーな日々」で、日記を再開してみたのでした。メールの返信時間が少なくなったぶん、日記やブログを書くようになったわけです。

2006年は、携帯サイトを始めてみました。一年くらいは飽きずにやってました。その他は、この日記とブログの「忘れな草紙」の更新がメインでした。

2007年、ブログやSNSにかわるものは出て来ませんね。そのへんがなんとなく停滞感のようになってるのかも。

牧歌的トランスジェンダーのすすめ

……というタイトルでなにか書こうなんて思いましたが、うまく書けないと思います。
トランスの歴史については、ほんとうは、普通の無名の人たちのことを、いちばん知りたいし書きたいわけです。でも資料なんてありません。

牧歌的……というより、牧童のことですが、
牧童というのはなぜ「童」という字を使うのか、翻訳語ではあるのでしょうが、もしかすると昔の日本で「牛飼い童」という人たちがいたので、そのへんと関係あるのかもしれませんね。

大辞林を見ると
「うしかいわらわ【牛飼い童】 牛車(ぎつしや)の牛を扱う者。成人でも狩衣(かりぎぬ)を着、もとどりを放った童形(どうぎよう)でいる。 」

「もとどりを放つ」とは、髪を結わないで、長いまま垂らすだけで、かぶりものも着けないことです。
こういうのを、童形といってますが、普通の成人男性の身なりではないわけです。成人女性も髪は結ってましたから、それとも違います。

そんなわけで、今日は時間が牧歌的に過ぎていってるようなので、続きはまたいつか。
続きらしき日記 2008_4_14_736.html

| top |