羽根結び

infoseekでアップできないのでこちらに投稿です。

テレビで浴衣の帯の締め方をやってました。リボン結びでもなく、蝶結びでもなく、「羽根結び」と言ってましたが、なかなか良い感じの言葉です。鳥になれそうな感じ。
けれど今日放映してたのは、結び目が背中ではなくて、前の胸のすぐ下でした。最近のワンピースで紐で結ぶのと同じような位置です。

最近のワンピースは、前の胸のすぐ下のような位置で結ぶのが多いですが、1980年代後半のワンピースは、後ろで結んでました。ウエストの左右にリボンの端が縫い付けてあるものですと、リボンはゆったりとたるませて後ろへまわしてウエストよりちょっと下の腰の位置に結んでました。

当時なんとなく気に入ったワンピースは、なぜかそういうリボン結びのものが多かったです(写真も当時のもの)。古いアルバムを見ると、1990年代はあまりないのですが、1997年に買ったものに、そういうワンピースが2着ありました。一時的な復古調の兆しがあったのかも?

Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2007年7月14日 05:28

羽根結び
そういえば、1997〜2000年頃買ったワンピの中にいくつか、ウエストの両側に紐がついていて、後ろで結ぶタイプのものが何着かありました、紐で結ぶとウエストが絞れたように見えるからなのでしょう。21世紀になってワンピ自体はあまり流行らなくなりましたが、また今年は膝丈ぐらいのフェミニンなワンピが流行ってきました。
ロリータ服は一部の冬物を除いてほとんどが、ウエストの紐を後ろで結ぶものばかりです。

鳩子 : 2007年7月14日 08:17

うしろで結んで
ロリータ服はウエストの紐を後ろで結ぶものばかりということですね、
1998年以後の私は義理あるところでまとめ買いしたりで他には新しいものを買うことが少なかったのですが、一般にも4年間はある程度そういう流行があったわけですね。
1990〜1996年はまったく流行らなかったというか、それはちょうどサンダルが全然売られてなかった時代でもありますが。
ひざ丈もいいですね……

さと : 2007年7月14日 23:24

羽根結び
ワンピースって、いいですね☆
清楚な感じがするし着心地もいいし。

この時代のワンピースはあまり知らないのですが、
懐かしい年代です。

ワンピースや、カットソー でも、90年代初期は何故か肩パット付きでしたけどあれもあの時代の流行なんでしょうね。
90年代初期はワンピースは肩パットがついていて、
後ろでリボン結びにするのを持ってました。

鳩子 : 2007年7月15日 01:17

後ろ結びとサンダル
80年代後半も肩パット入りが多かったですね。
バブルの象徴みたいなものでしたから。バブル崩壊後もしばらくは続いてたみたいです。
後ろでリボン結びは90年代もまったく途絶えたというわけじゃないみたいですね。

サンダルについては、1996年に御徒町の吉池さんをはじめ靴屋さんを何軒もまわって、ラメ入りの派手なのを1種類見つけただけでした。最近ラメ入りが流行ってるみたいですが、当時は派手すぎて、なにか水商売の人たちの需要のために1種類置いてあるという感じでした。

: 2007年8月5日 08:04

羽根結び
鳩子さんへ♪

今日も、お邪魔します。(*^。^*)  羽根結び、確かに聞いても、文字にしても品があり
良いと私も思いますね。 (*^_^*)

私にとって、リボンは生活の一部。 無くてはならない物です。ワンピースやブラウス、
ブーケを結ぶ目に見えるリボンはもちろん、お仕事などで目に見えるリボンが無いとき
でも、心の中には、いつも風にそよそよと揺れている心のリボンがあります♪

大好きな、お花の飾り付けをしているときは、お洋服のリボンも心のリボンも軽やかに
揺れますね〜♪  

子供だったときに、女の子のお洋服に、いつも揺れていたリボンを見ていたからでしょうか
リボンの付いた清楚なワンピースを着ると、とても心が落ち着きます。  (*^。^*)

失礼しました。♪

詩織 : 2007年8月5日 09:51

羽根結び
鳩子さん、ごめんなさい!名前が抜けていました♪

私、牧瀬詩織がコメントさせていただきました。

大変失礼いたしました♪  (*^_^*)

鳩子 : 2007年8月6日 20:33

りぼん
こんばんは♪
髪のリボンもいいですよね。うしろでたばねたり、
キャンディキャンディみたいに左右につけたり。

「りぼん」という雑誌もありましたね。今もあるみたいです。
月刊の少年雑誌は「少年」「冒険王」「少年画報」……いろいろあったみたいですが、ぜんぶなくなりましたけど、少女雑誌はずっと継続しているところがすごいと思います。

< 後ろからふりかえって | top | 「トランスジェンダーな日々」リニューアル >