インスタント・ガール

フェティシズムのことなのですが、衣服フェチについては専門サイトもたくさんあることですし、そちらにゆずりますが、鳩子のばあいは特定の衣類に愛着するということはほとんどありません。
あるときAMさんのタイツフェチのことを読んで不思議な感動をおぼえたことはあります。

でも鳩子のサイトの中には、プロポーションについて数字データの分析を試みるような感じのページもいくつかあって、あえていえば、これが鳩子にとってのフェチなのかもしれませんね。
こういうのは、たぶん人形や模型の世界に通じてしまうもののように感じています。
リンク集の和美さんのサイトのバービー人形のページは、とても好きなので、ときどき見てはいいなと思います。

それから若いけど二児のママになったユキさんの小説(ショート)に、「I・G(インスタント・ガール)」シリーズというのがあって、寿命の限られたロボット人形の出てくる恋愛ストーリーなのですが、人間が人形になるみたいで、読むとぞくぞくしてしまいます。「インスタント・ガール」……、"トランス業界"でも拝借したくなるような良いネーミングですね。

手塚治虫のマンガに『I・L』という作品があったことを思い出しました。鳩子のHPの「手塚治虫」のページで少しふれたこともあります。一種の変身魔女物で、いろんなタイプの女性に変身する女性の物語なのですが、「I・L」とはインスタント・レディの略かしらと思って、ちょっと検索してみたら違いました。「I WILL」の略の「I'L」が、間違って編集者に伝わってしまってそのまま使われたという説明がありました。でも"I WILL"の略は"I'LL"でLが2つが本当のような気もしますし、インスタント・レディの略でも良いような気もしますけど……?。ユキさんはこのマンガは読んではいなかったでしょうね。

Trackbacks

コメント

雨庭みどり : 2007年5月27日 12:05

あはは、イニシャルで登場させていただいていますねf^^;

でも、私のタイツ・フェティシズムは女装よりも、ずっと
年季が入っています^^。遡れば、小学生時分からです。
女装者になったのは、別ルート?からなのですが、でも、
最初は、堂々とタイツを穿いて街を歩くことに、満足感を
強く得ていたことも確かです。そのうち、タイツへの愛と
女装とは分離して、今では女装時はファッションとしては
タイツを使いますが、初期のころの新鮮な感覚はないです。

さまざまなフェチ、ネットで見れますよね^^b

鳩子 : 2007年5月27日 14:11

イニシャルでわかりましたか……^^; 奥が深いみたいですね♪
やっぱりトランスと直結しないところが良いわけですよね(純男性は別ですけど)。
さまざまなフェチというと、広く解釈すると、
GID系サイトの法律フェチ、肉体改造フェチというのがあると思います。やっぱりあれだけの詳細にわたる記述を見せられると、とてもマニアックですし、フェチとしかいいようがないですよね。

< 気になること | top | 医療、「ファシズム」 >