どんな小さなことでも


満開を過ぎて咲き残っていた今年の桜の花。
こんな桜をあと何回見ることができるのか、人生の半分を過ぎてしまうと、そんなことまで考えます。
「どんな小さなことでもおぼえていよう」
……という言葉に似たようなことは、以前に何回か書いたことがあると思います。
過ぎ去って行った人の輝いてた時のことも忘れない。
彼ら彼女らの微笑みも涙も、私を忘れないでと言った。
だから書きとめておかなくちゃと思います。
つまり、鳩子の忘れな草紙、ですね。

参考文献 竹内まりや『人生の扉』。

医療、「ファシズム」

先日、プチうつ状態のときに、Googleで探したキーワードは、「医学ファシズム」。ヒットしませんでした。最近「禁煙ファシズム」という言葉も聞いたことがありますし、まだ「GIDファシズム」という言い方をする人はいないようですが、医学方面はどうなってるのかしらと思ったわけです。でも今日になって「医療ファシズム」でぐぐってみたら、たくさん見つかりました。

池田光穂という人の『患者と国家』というページ。
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/000721natio.html
内容も難しくて毒がありそうですね。
その中で、『社会学事典』から政治学者の山口定氏のファシズム定義を引いて来ておっしゃるには、言われているところの「医療ファシズム」とは1960年代以後の近代医療がずっと批判されて来た問題にすぎないと書いてあります。

あたしの話は微妙にずれて行きますが、そこの「ファシズム定義」に、こんなのがあります。
「3.[体制]後発帝国主義国家で、体制の定着にともなって急進分子が排除され、テクノクラートと技術的近代化がみられる。」
……「後発帝国主義国家」とは先の大戦での日独伊のことを言ってるわけでしょうね。あたしなどから見ると原爆を落した人たちもファシズムじゃないかと思うのですけど。
ファシズムという言葉の意味するところはとてもあいまいです。

池田氏は「私がファシズムという用語を好んで使うのは、……社会科学の分析概念として厳密に用語を使い回ししているのではなく、それを聞く人の感情を逆撫でする戦略的用語であることを了解してほしい」のだそうです。でもよく考えてみると、これまでに「社会科学の分析概念として厳密に用語を使」った人が、はたして何人いたでしょうか。一人もいなかったかもしれません。この言葉は政治の世界に登場したときから「戦略的用語」だったですし、それ以上どのくらいのものになったのか、心もとないと思います。

でも最近はなんとなくファシズムっぽいんですよね。ファシズムとは、宗教ではないのに宗教の悪い部分を全部持ってる感じ。排他的で、選民思想とか、一神教的な宗教のことですね。日本にもそういう時代があったのでしょう。
ファシズムの危機を宣伝するのもまた「戦略的用語」なのでしょうけど、最近のこの鬱々とした気分はなんなのでしょう。

「テクノロジーへの偏愛」、その通りかも。実はフェティシズムには要注意かも。あるいは未来派の問題です。
「社会ダーウィニズム」、こういう言葉があったのを思い出しました。5/11の『トランス系譜学とは』で書いたことは、このことでした。「ジェンダー・ダーウィニズム」だけは勘弁していただきたいですね。

インスタント・ガール

フェティシズムのことなのですが、衣服フェチについては専門サイトもたくさんあることですし、そちらにゆずりますが、鳩子のばあいは特定の衣類に愛着するということはほとんどありません。
あるときAMさんのタイツフェチのことを読んで不思議な感動をおぼえたことはあります。

でも鳩子のサイトの中には、プロポーションについて数字データの分析を試みるような感じのページもいくつかあって、あえていえば、これが鳩子にとってのフェチなのかもしれませんね。
こういうのは、たぶん人形や模型の世界に通じてしまうもののように感じています。
リンク集の和美さんのサイトのバービー人形のページは、とても好きなので、ときどき見てはいいなと思います。

それから若いけど二児のママになったユキさんの小説(ショート)に、「I・G(インスタント・ガール)」シリーズというのがあって、寿命の限られたロボット人形の出てくる恋愛ストーリーなのですが、人間が人形になるみたいで、読むとぞくぞくしてしまいます。「インスタント・ガール」……、"トランス業界"でも拝借したくなるような良いネーミングですね。

手塚治虫のマンガに『I・L』という作品があったことを思い出しました。鳩子のHPの「手塚治虫」のページで少しふれたこともあります。一種の変身魔女物で、いろんなタイプの女性に変身する女性の物語なのですが、「I・L」とはインスタント・レディの略かしらと思って、ちょっと検索してみたら違いました。「I WILL」の略の「I'L」が、間違って編集者に伝わってしまってそのまま使われたという説明がありました。でも"I WILL"の略は"I'LL"でLが2つが本当のような気もしますし、インスタント・レディの略でも良いような気もしますけど……?。ユキさんはこのマンガは読んではいなかったでしょうね。

気になること

ジーンズの後ろ姿ですが、昨日の写真とくらべて、わりとすっきり見えると思います。写真は撮り方によって印象が違うことがあるものです。

最近気になることは、よくコメントを書いてくれたSetchimoさんやさとさんのことです。でもたとえ遠く離れることがあっても心はつながっているものと信じます。鳩子もそれなりの人生経験をつんできたはずですから。

昔の『Queen』を見てくれてた人からメールが1通。短い文面でしたが、応援してますよっていう感じが嬉しいです。

県別のアクセス解析を見てると、北関東のある県と九州のある県が、人口に比べてかなり多くなってます。特定の人が毎日見てくれてるということなのでしょう。そのうち北関東の人は、たぶん前によくメールをいただいた人だと思うのですが、これを見てたらまたメールしてくださいね。九州の人は誰だかわかりませんけど、メールが来たら嬉しいですね♪

ジーンズのオバサンになる

ジーンズを買ったのですが、ちょっとサイズが大きすぎたみたいです。あと1サイズ小さいのにすればよかったですね。お尻がだぶだぶだったので中に詰め物を入れました。
写真の足もとを見ると足だけ小さい感じで、全体としては脚が短く見えます。
そのへんのオバサンという感じで、歩いていても振り返られることがなくていいのかも。

去年、おおまかなサイズで「Lサイズ」というのを買ったら、お尻がパンパンだったことが頭にあったせいか、いちばん大きなのを買ってしまいました。主婦向けの店だったのでインチ表示でなく、からだのウエストのセンチ表示だったので、計算がわからなくなってしまったのもあります。ジーンズのウエストはアンダーバスト+1インチくらいまでがいいとこなんでしょうね。

煙草好きの手の小さな男性

トランスさん好きの男性のお話をときどき聞く機会もあるのですが、彼らにはなんとなく共通点のようなものがあるように思うこともあります。

その一つは、煙草好きの人。もちろん紳士的な人が多いので、こちらからすすめてはじめて嬉しそうに火を着けるのですが、とてもおいしそうにお吸いになります。煙草好きの男性は、ちょっと世間からはみ出てるような、やさしいロマンチストが多かったのかも。

もう一つはからだのどこかに女性的な部分があると思っていて、なぜかそれを自慢したがる傾向の人が、ときどきいらっしゃいます。手の小さい人とかですよね。たまにあたしよりも手が小さい人がいますが、でもよく見ると指が短くて、指以外の部分ではやっぱりあたしのほうが小さかったなんてことも。
思い当たる男性もきっといらっしゃることでしょう。

久しぶりに詩集に「パートタイムの王子さま」をアップしました。去年散文風に日記に書いたものをアレンジしたものです。

肺病の文学青年

肺が小さめだと肺病になりやすいのではないかと昔、漠然と思ったことがあります。女性はだいたい肺が小さいですが、女性はそういう病気が多くなるのでしょうか……、

「呼吸器疾患における性差について」
http://www.nahw.org/Local/Lib/Nagayama0001.htm
というページによると、子どもの喘息は男児のほうが多いそうで、成人後になると女性が多くなるそうです。
男性は20歳過ぎてもまだ肺容量が増加しますが、女子は早期に肺の成長が止まってしまうそうです。そうなんですか、鳩子はかなり早く止まったと思いますね。
女性も中年といわれる年齢になると胸板が厚くなる人が多いですが、これは肺の成長ということとは違うんでしょうね。

女性は肺が小さいせいか、呼吸が苦しいなどの自覚症状がすぐ出るので、呼吸器系の病気については早期発見ができるので、かえっていいみたいです。なるほど。
肺病といえば昔は文学青年の持病みたいなものでしたよね。(5/15)

もっと酸素を

女性ホルモンをとるようになってから、それまで完走できなかったマラソンを完走できたという人がいらして、筋肉が、瞬発力の男性型から持久力の女性型になったのではないかと書かれてありました、なるほど、そういうこともあるのでしょうか。

鳩子は運動はまったく苦手なのですが、筋肉は量は少ないですがたぶん瞬発型?、というより肉体を使うような仕事は少しでも短い時間で済ませようと思うので、短時間集中でがんばってみるわけです。
「運動の苦手な人に50の質問」というのがあって、100問じゃ根気が続かないので50問ならやってみようと思いましたが、あとにします。

何が苦手かといったら、水泳とマラソンでしょう。水泳が苦手なのは呼吸法の問題だと聞いたことがありますが、マラソンもたぶんそうなんでしょうね。すぐ息が苦しくなりますからね。もっと酸素の多い星だったら良かったかもしれません。

トランス女流文学

「トランス女流文学」の可能性でしたか萌芽でしたか、そんな言葉をいただいたことがありますが、あまりおおげさに意識せずに、ま、のんびりいきましょう ^^ゞ
閉鎖サイトがあったようなのですが、リンクの紹介コメントがたまたまコピーしてありました。(閉鎖ではなく新URLでリニューアルということのようです ^^ゞ 5/15)

「――鳩子さんのHPです。滋味に溢れ、詩情豊かな『鳩子ワールド』を御堪能あれ。」(たかみさん)
「とってもフェミニンな鳩子さんのHomePageです。野外撮影したお写真、とっても素適です。特に抒情たっぷりの詩は素晴らしい感動を呼び起こすことでしょう。」(和美さん)

やっぱりそういう方面に特徴を見ていただいているようですね。
ついでにもうひとつ紹介。

「フェミニンな感性と文学の香りただよう鳩子さんのサイト。」(三橋順子さん)

こういう人が書いたものは影響力があるかもしれません。「フェミニン」というふうのはどういう意味なのか、知的ないしは理屈っぽいことも書いてるのに独特の雰囲気が感じられるということなのかもしれませんね。

ほめられついでにもういくつか ^^;

「鳩子さんの深い教養をベースに、とてもクオリティの高いサイトです。」(雨庭みどりさん)
「トランスジェンダー の鳩子さんのサイトです。とても素敵な女性です。頭もよく写真も過去から現在と多数。コンテンツもとても充実しています。優しくほんわかした鳩子さんのページで癒されてはいかがでしょう。(^^)鳩子様のサイトと出会い、いろんな意味で勉強になりました。」(さとさん)

こういうのはお世辞ではあるのでしょうけど、鳩子もしっかりしないといけません。
鳩子のHPのリンク集は、コメントを見直すつもりで、少し前からお名前だけの状態になってるのですが、ちゃんとやるつもりです

ウェブリング・ジャパン、サービス終了

なんとなくHP表紙の
「MTF+純女相互なかよしWebRing」
をクリックしたら、ウェブリングのサービス提供元のウェブリング・ジャパン(http://www.webring.ne.jp/)のページが出て、4/30にサービスを終了したとのことでした。それでリングバナーのリンク機能を削除しました。

「T's Web Ring Japan」と
「NEWHALF WebRing」の
2つを、2月までに退会したのですが、その理由は週1〜2回程度のアクセスしかなかったからなのです。MTF+さんだけなんとなく残しておきました。

そのほかトランスさんの間では、
「T'S Kyusyu Web Ring」
「Lovers Ring」
「イケテル NeoHalf WebRing」
などに入っている人も多いようですが、htmlを編集して削除しようという気力はもうなくなってるサイトもあるかもしれませんね。

「AO円筒」から始まって

あるおしゃべりから「AO円筒」論という言葉を思い出したので、検索してみたら松岡正剛氏のページが出ました。AO円筒とはつまり稲垣足穂のいうA感覚などの身体のことについてのものです。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0890.html
そのページは森村泰昌という人の『芸術家Mのできるまで』の書評なのですが、面白い芸術家の人がいるものですね。自分の身体も作品の材料にしてしまうというか、そんなわけでその人のサイトには、映画の中の女優に扮した写真集があります。
http://www.morimura-ya.com/gallery/actress/
芸術家の男性でなくても、普通の女性でもこういう写真を撮ってみたいと思う人はきっといることでしょう。レンタル衣装でもあればいいですね。

森村氏によると、明治天皇が少年時代の女装(じよそう)をやめて、成人して軍服姿で国民の前に現れることによって、オンナの国だった日本がオトコの国に性転換してしまったのだとか、面白い話があるものです。
ただ、皇族少年のそういう服装は戦時中まで続いたと思われますので、本当に日本が性転換してしまったのは意外にも戦後のことだったはずです。
けれど明治のころから、国民の「女装」は秘すべきものになってしまいました。皇族の場合も秘すべきものとなったと思いますが、まるでトランスベスタイト国家の誕生です(^^?)。

「オンナだった三島由紀夫はオトコに性転換しようとして失敗した」というのもありましたが、どうも三島氏あたりは日本の戦後社会をオンナの国と見ていたのかもしれません。でもやはり戦後の高度成長時代に、私たちのオンナの国は瀕死状態にされたと見るべきです。社会組織のすみずみにまであったオンナの血が抜かれて貧血状態になった感じです。そのときのオンナいじめは巧妙で、戦前の古い国家主義的な価値観を否定して新しい民主社会を打ち建てるのだという、男性価値の否定であるかのような言葉をまといつつ、今の人が日本の旧習だと思っているものの多くを、戦後のこの時期に作り上げてしまったらしいです。数十年前より前の時代は見えなくなってしまったのです。
ちょっとわかりにくいことを書いてますが、つまりデジタル国家はオトコの国なんじゃないかということですね。

さて森村氏が映画『ローマの休日』のオードリー・ヘプバーンに扮した写真がありましたが、鳩子のHPにも、「真実の口」というコラージュ作品があります。

気がついたら中途半端

あるニューハーフさんのサイトを見ていたら、20代半ばまでに美容整形などで1000万円以上をつぎこんで望みの形の肉体を得て、これでやっと女性としての人生のスタートラインに立てたということでした。
確かに達成感はあるのでしょうね。そういうのはとても大事なことです。でも、20歳そこそこでそんなにお金を稼げる人はいませんし……、というより気になるのは、人生のスタートラインに立ったということに達成感を感じたということです。その反動が少し心配なのですが、前向きに行っていただきたいものです。ここで「老婆心ながら」と書きそうになりましたが、この言葉は中年以上の男性が使う言葉なので、やめました。

ではそんなに収入のない人はどうするのか、中年以上の人はどうするのかということがテーマになってくるわけですが、おいおい考えてゆきましょう。
普通は若いころでも周囲の要請を引き受けなければならないことがたくさんでてきます。いろんなしがらみが既にできてしまいます。これは中途半端なかたちではありますが人生は気がついたときはもうスタートしてしまっているからです。性別意識も中途半端のこともあるでしょう。「中途半端」というと聞こえは悪いですが、人は内面に矛盾をかかえたまま生きて行かざるを得ないのが普通です。矛盾したものを、否定的に見るのではなく、そのまま矛盾として思い留めておけば、未来に見方が変わるかもしれませんし……、中途半端なままですが今日はこれでおしまい -.-)

縮小専用ソフトを使ってみる

連休中は他の人のサイトの画像もよく見ましたが、写真画像の質の良いサイトが増えましたね。微妙な質感や陰影の出てる写真は、カメラも良いのを使ってるのでしょうか。コンパクトカメラでもマニュアルモードを使えば少しは違うのでしょうか?。
写真入りの小さなバナー画像で、写真を小さく縮小しても輪郭がわりとくっきりでているのは、特別なソフトがあるのかもしれませんね。

鳩子のHPを始めたときはレンタル容量が8MBしかなく、回線もダイヤルアップ接続でしたし、画像は圧縮サイズ優先で作るようにしてました。
2004年10月にジオシティが50MBに容量アップしたころ、回線も速いのが主流になって、だいぶ変わってきたんだと思います。

今回の画像は、「縮小専用」という名前のフリーソフトで縮小してみました。以前のソフトと比べて草の細かいところがぼやけてません。ファイルサイズは59KB。jpegの量子化はデフォルトの92%のまま。
以前のソフトの設定を見たら75%で、15KBにまで圧縮してたのですね。このソフトで92%にしたら65KBでサイズが大きいのにぼやけた画像になりました。
「縮小専用」のソフトを使うのがいいみたいですね。
縮小のとき輪郭のメリハリを強調するソフトなのですが、肌の質感のような微妙な陰影を強調するソフトというのはないものでしょうか。

加工前、加工後

加工画像を作ってみました。画像の上にマウスカーソルを当てると、加工後の画像になります。

それにしてもこの写真は1990年にインスタント写真(Fujiのフォトラマ)で撮ったものなのですが、スキャナしたあとの明るさとコントラストの調整がいちばんうまくいった例といえるでしょうね ^^ゞ
顔が白っぽくて腕が焼けた感じなのは、インスタント写真の色が褪せてしまったためでしょう。

作り方は、→こちら です。
同じ方法で背景の左右を横に広げた画像が「壁紙・草の道」です。壁紙は横長の画面サイズということになるので、背景だけ無理に横に拡大してサイズに合わせたわけです。

ホームのごあいさつ

ホームのページのごあいさつ言葉をごくたまに変更しています。今回は……
「トランスジェンダーについては、歴史や文学や詩などのすぐには役に立たない情報盛りだくさんのサイトでもうしわけないのですが法律や医療などから一歩離れて考えてます ^^ゞ」
「男女その他(?)のお友だちも募集中です。」

以前は……
「女の子ではないかもしれないけど女の子。女の子だけどそうじゃないかもしれない。でも、そんな鳩子の日常生活や普段感じてることを、詩や作文やアルバムのかたちにお料理してみました。鳩子の手作りのホームページです。どうぞ、ごゆっくりおめしあがりください。
少しづつメニューを増やして、盛沢山でお届けできれば幸せです。 ご覧になった感想や意見、鳩子への質問、しった激励など、掲示板やメールでお知らせください。恋人希望などプライベートなことはメールでお願いします。」
……この前半部分は半分ジョークでした。

もっと前にはこんなことも……
「将来において万一、ホームページの更新不能、鳩子の音信不通となった場合、その時点でこの一項が削除されていなければ、善意の管理者による当ホームページの内容の転載や複製配布等を認めます。」
……万一のことを考えて、このまま消えるのは寂しいと思ったのですね。今も変わりません。

次のはジョークっぽいですけど……
「リンクは自由です。写真の無断転載・配布等はお断りしています。鳩子の文章の引用や改変利用などはご自由にされてかまいませんが、「自己責任」でお願いします。(ラブレターに鳩子の詩を真似して使ったが効果がなかったといっても責任は負えません)」
……私は基本的に著作権は主張したくありません(ただし肖像権は別です)。けれどまあまあの影響を受けた元の他人の文章などがあれば、きっちり注記しておくべきでしょうね。文章の改変利用は、公表する文章では、あまりすすめられません。

ベストプロポーション

1970年代ごろの雑誌に載ってた「ベストプロポーション」はこんな感じでした。
身長     160 170
体重=T-112   48 58
B =T×0.515 82 88
UB=T×0.437 70 74
W =T×0.37  59 63
H =T×0.542 87 92
腹部=T×0.457 73 78
B高=T×0.719 115 122
H高=T×0.5  80 85
股下=T×0.455 73 77
頭長=T×0.141 23 24

1995年ごろのワコールのゴールデンカノンでは、Bはより大きくHはより小さくなってます。商品市場が拡大して女性たちの目標も高くなったということかも。
ちなみにゴールデンカノンによると、B=T×0.54、W=T×0.38、H=T×0.54だそうですので、T=160なら86・61・86、170なら92・65・92。

| top |