ネパールのトランスジェンダー

こんなニュースを見ました。
http://gayjapannews.com/news2007/news22.htm
「365Gay.comが4日伝えたところによると、ネパール政府は、トランスジェンダー女性の市民登録書類に男女両方の性別を記載することを許可した。
 ……
市民登録書類への男女両方の性別記載を認められたのは、チャンダ・モーサルマンさん。モーサルマンさんは、生物学上の男性として生まれた。現在20代のモーサルマンさんは、性別適合手術の第一歩となるホルモン療法などは受けていない。」

「ホルモン療法などは受けていない」というところに、ちょっとびっくり。
そういう方面で遅れていた国という事情で、受けられなかったのか、
本人の考えで受けないのか、どっちでしょうね。
本人の考えだったら、すごいなと思いました。

Trackbacks

コメント

< 猫の日(2) | top | 病気になりたいとき? >