地味めの次は?

ちょっとぶらぶら歩くくらいでは
ブーツなんかはきません。

先週の写真ですが、
それにしてもちょっと地味めな服装です。
こういうのが続くと、
一気にロリータさんみたいな方向へ行くことも
あるのかもしれませんね。

夢十夜 トランスジェンダー」と検索したら、
トランス系では鳩子のページのほかには、
「さとしの哲学書簡」さん。
そこには、
トランスジェンダーの内面的なものは
創作の形でしか表現できない
と書かれていましたね。



Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2007年1月29日 12:03

つい、「ロリータさん」という言葉に反応してしまいました(笑)
実は、私がロリータファッションをする前は、この鳩子さんの
写真のようなコーディネイトが多かったような気もします。
地味目でいて、ピンクのセーターとかカーディガンとかで
フェミニンな感じですね。。。
それが一気にですよ〜〜。

鳩子 : 2007年1月29日 16:41

まりっぺさんもそのような経緯でしたか……
最近20代の女性のようには全くいかなくなりましたので、
その距離感から、10代も20代も同じように見えて来ます。
パンツスタイルがハードルが高すぎるというのもあります。

3〜4年くらい前でしょうか、普段のパンツでなく、フリフリでフェミニンなワンピースなどでおめかしすることを、一部の若い女性のあいだで「女装(じよそう)する」という言葉が流行ったそうですが、その後はそういう言い方はなくなってしまったみたいですね

まりっぺ : 2007年1月31日 10:54

確かにそんなことありました。私がちょうどロリータする直前の2003年夏ごろで、休日に都心にショッピングでお出かけするとき、「今日は気合入れて女装しておでかけしよっと」なんて言ってましたね。

パンツスタイルの似合う女性は意外と少ないかなと思いますよ。実は女性にとってもハードルが高いのです。スタイルがもろに出ますから。。。

鳩子 : 2007年1月31日 17:52

2003年夏ごろですか、その後はすぐ使われなくなったみたいですね、残念です ^^;

パンツは、からだの線がそのまま出ますからね、きれいすぎても、見てるほうが恥ずかしくなります。

< すみれの花咲くころ | top | 病気と上手につきあう >