すみれの花咲くころ

♪ すみれの花咲くころ
♪ 初めて君を知りぬ
いい歌ですね ^o^

もうすみれが咲いているのかしらと花壇に近づいてみたら、「ビオラ」と書いてありました。
外来のすみれの一種でそう呼ばれるものもあるようですが、どうもこういう名前は困ります。
「トランスジェンダー」という言葉もそうなのですが、そういう言葉にはまだ文化というものがありません。
だいいち詩になりません。
パンジーの黄色いのはいかにもパンジー(別名・三色すみれ)という感じですが、紫色の花はやっぱりスミレですよね。
ビオラというのは英語のバイオレット(violet)の違う国での呼び方なのでしょうけど楽器と間違えてしまいます。
写真の花壇の花は、温室で咲かせたものを植え替えたのだと思います。もっと在来種を育てることの努力も必要なのでしょう。

Trackbacks

コメント

さと : 2007年1月26日 00:23

私も「すみれ」っててどれ?と思った事があります。昔、
三色スミレっていってパンジーの事は、
叔母に教えてもらったのだけど・・・。
ビオラもやっぱりすみれって呼んだ方がカワイイです。
以前プランターで育てたていたけど凄いカワイイお花でした。
スミレっていった方がわかりやすいですよね。
スミレってよく聞くけど、スミレってパンジーの事?ビオラのこと?とか・・・思ったり・・・。
でも野生のすみれってどの花なのでしょうか・・・
野の花のスミレって。。。検索してみようかな・・・

鳩子 : 2007年1月26日 01:17

三色スミレはだんだん死語になりつつあるのかもしれませんね……。
日本の野原のタンポポは、最近は外来種がかなり多くなってるらしいです。でも名前で区別することはないですし、だいいち普通は気づきません。鉢植えにして外国語名をつけて売れるというものでもありませんし……。
野原のスミレだってビオラがまじってるかもしれませんし、わからないんじゃないでしょうか。
タンポポやスミレなら外来種でも悪影響はほとんどないと思うのですが、植物によっては外来種のものが生態系を変えてしまうようなこともあるらしいですね。ペット動物では野生化して深刻な事態になってるとか……。
花は自然の中でのたたずまいを見るのがいちばんだと思いますし、そういうのが好きです。

さと : 2007年1月26日 16:08

>花は自然の中でのたたずまいを見るのがいちばんだと思いますし、そういうのが好きです。

本当に、同感です。。。そんな気持ちの人がいて嬉しいデス

鳩子 : 2007年1月27日 00:52

そうですね……花瓶の花は枯れて捨てるのも悲しいですし……。
「花の図鑑」の写真サイトは多いですが、花のクローズアップ写真だけ載せて花のたたずまいがわからないのが多いです

< 『どろろ』 | top | 地味めの次は? >