『どろろ』

昨日は幕末の盗賊の話でしたが、戦国時代の子どもの盗賊・どろろが主人公の手塚治虫のマンガ『どろろ』が、実写版映画で27日公開になるそうです。

 手塚治虫の『どろろ』は1967〜1968年に少年サンデーに連載された漫画です。
 戦国時代、ある武士が、自分の野望のために四十八匹の妖怪と契約し、そのために、生まれた子どもは肉体の四十八の部分を失った不具の姿でした。その子が百鬼丸です。彼は、生まれてすぐに、たらい船で流されて捨てられました。そして幼いころから放浪をつづけ、一匹の妖怪を退治するごとに、失ったからだの一部分を取り戻して成長してゆくというストーリーは、とても人間的で象徴的なドラマになっています。
 百鬼丸の試練は、父の犯した罪への贖罪の旅なのだともいえます。
 百鬼丸を「あにき」と呼んで慕う少年がどろろです。どろろは戦国時代の戦災孤児で、時には小さな可愛い盗賊にもなって、たくましく生きて来ました。百鬼丸が農民の少女を助けたときに、そばで焼餅を焼いたこともあるどろろは、本当は女の子だったことは、物語の最後の場面で明らかになります。女の子が男の子の姿をしていたことになります。
 けれど、読者の側からすると、それはそれほど突拍子もないことではないように受けとめられました。それは百鬼丸が少しづつ本来の自分の姿を取り戻して変わってゆくわけですから、どろろだけが幼い姿のままで変わらないはずはないのです。
 どろろは、女の子で生まれて男の子として育ったことになります。でも物語を読んでゆけば、男の子としての成長の結末が美しい娘でありうることに、心を動かされます。「女の子→男の子」なのか「男の子→女の子」なのか、それはどちらでもありうることが、少年としての両性具有性ということなのでしょう。
 また戦国の世に男性的な視点からだけでは、平和は訪れないだろうというのが、作者のみかたなのかもしれません。
 そして少年の成長のドラマには、必ず「別れ」が訪れます。(2005/5/26 改訂)

その他の手塚漫画について
→ 「手塚治虫のアンドロギュノスたち」

Trackbacks

どろろ Complete BOX : 湘南のJOHN LENNONの独り言 : 2006/6/11 23:19

どろろ Complete BOX手塚治虫巨匠の知るぞ人知る作品が、この「どろろ」だ。この作品がフジテレビで放映された記憶があるが、この「どろろ」が終了後に「ムーミン」が始まったことは覚えている。毎週日曜日の午後7時半からの時間帯だ。放送された時期は1969年(昭和44年)だ


コメント

鳩子 : 2007年1月25日 00:16

「どろろ」映画化
実写版の映画になって、1月27日公開だそうです。

にゃんきち@mixi : 2007年1月26日 11:26


なかなか深い見方ですね
やっぱり映画、見に行かねば

予告編は劇場で見たけど、なかなかの迫力でしたよ
原作の世界観をどれくらい表現してるかはわかりませんが

鳩子 : 2007年1月27日 00:45

なかなかの
なかなかの迫力でしたか。すぐには見られませんけど
DVDになるのはいつごろでしょうね。
FC2ブログは古いエントリー(記事)番号のまま、ちょっと書き足して日付を変えてアップしなおせるのが良いところです ^^;

にゃんきち@mixi : 2007年2月10日 02:20

どろろ見ました
見てきました

感想は、意外と原作のテイストを残してるな、、と思いました
あと、CGやワイヤーアクションはよかったです
マンガよりも人間臭く描いてましたね

あまり書くといけないので、これくらいで、、

鳩子 : 2007年2月10日 13:02

どろろのCG
にゃんきちさん、ありがとうございます。ナ^ル^ホ ドですね。
百鬼丸の腕とかがはえるときは、やっぱりCGなのかしら。ある妖怪を退治したら百鬼丸の胸がふくらんできた……百鬼丸も女だった……とか、そういうような漫画を書いてる同人誌の人たちもいるそうですけど、映画はそういうのじゃないみたいですよね。^^;

にゃんきち@mixi : 2007年2月19日 16:46

CG
腕だけでなく、失った体が戻るシーンは
すべてCGでした

妻夫木君が女だったら、ちょっと似合わないですね、、、^^;

鳩子 : 2007年2月19日 21:18

失われた48の
CGがすごそうですね。百鬼丸はやっぱり男の子だと思いますけど
失われた48の部分が全部戻らないうちは、どろろが女の子でも、二人の関係はプラトニックなわけですよね? ^^;

ユキ : 2007年3月3日 00:55

お久しぶりです★
どろろ、気にはなるけど、DVDになるのを待っているあたしです…。
でもやっぱり、劇場で見た方が迫力もあっていいのかな。
漫画原作のものが映画化されるのも、多いですよね。
今、蟲師というのも気になっています。
ん〜、この記事見たら、また気になってきた、どろろ。
漫画、読み返そうと思いますv

鳩子 : 2007年3月3日 17:00

DVDで見たいです
ユキさん、久しぶりですね。^^; SNSでがんばってるのかな?
どろろはDVDが出たらレンタル屋さんで借りて見ようと思ってます。漫画はこの記事を最初に書いた4年前にも見ましたが、良かったですね。
虫師というのは、古い村で何か事件が起こるのでしょうか。もうじき蝶々の季節ですね ^^;

ユキ : 2007年3月4日 08:36


mixiも、Yahooブログと同じ日記内容です(笑) しかも不精なのか、コメント付け合いも少ないという…。 創作さえしていたら、サイト更新できるのですが、育児育児の毎日にさっぱり創作せず、になってしまいました。
たまにこれ!と思っても、しばらく書いていなかったせいでしょうか…なんか違う、と思って、書いては消して書いては消してうまくまとまらなくて最後には放置です(涙)
蟲師、そうですね、「蟲」という普通の人には見えない生き物たちによって起こる不可思議なことを、蟲師が見て回って解決(なのかな…)していくような話です。
昔ながらの日本の風景が出てきて、漫画は今出てる分全部持ってたりします。
映画の公式ホームページの和なつくりも、好き。

もうじき、春!
早いもので、今年は雪が降らないままあたたかい日が続き、
このまま春になってしまいそうですね…;
蝶々に、色とりどりの花、目に嬉しい様が今にも浮かんできそう♪
鳩子さんは、春の風景と撮影かな?
あたしは春休みになって子供の相手に追われそうな予感…。

鳩子 : 2007年3月4日 15:39

冬の忘れ物
よく見たらブログとSNSと同じで、育児ブログというのでしょうか……はっぴーな感じがいいですね、
私は、書きかけやあらすじだけ書いて載せることを堂々としてます。
刷新(イノベーション)よりも改良を、ということで古いものの手直しもやってみたいです。いろんなカタチを楽しむのも新しい感動かも。

昔ながらの日本の風景はちょっとしたブームになってるのかもしれませんね。そういうのはいいですね。文章で書けたらもっといいですね♪ ^o^
今年の冬は何か置き忘れてきたみたいで、うつろな春を迎えてしまっているような気がします。
写真は、私はネットでバーチャルな雰囲気を出すのが上手でないので、若いころの写真を出して年齢不詳の雰囲気を出すとか、面白いかも ^;

< 舞台女優になりたかったころ | top | すみれの花咲くころ >