せつない話 1989

18年くらい前のものでしょうか、贈り物のカードのようなものが出てきました。開いてみたら、手書きの文字で
 「ウエディング」
とだけ書かれていました。たしかこれは……
どこかのコンテストの賞品でいただいたような……。そう、ウエディングドレスの無料レンタル券だったのですね!

有効期限は特に書いてなかったけれど、いくらなんでももう時間がたちすぎています。でも最初のうちは確実に使えた券なのです。着てみたかったですね。でも使うことのなかった券です。
そこには、遠い失われた時間が封じ込められているような、切ないカードです。

Trackbacks

コメント

< ペナンペ、パナンペ | top | ラストスパート? >