ちょっとだけスマートに

鳩子流の文章の書き方というか、なんとなくそういうスタイルがあるかもしれませんね。
たいていは帰納的にたどって想像したものを、その逆にというか、時間の経過通りのように書いてます。文章の導入部は思考の導入部ではありません。思考の導入部には最初の直感が働いてますから、それがいわばサビの部分で、いちばん強調したいところだったりしますね。それが文章の真ん中あたりに来ることが多いです。
そこで文章を打ち切ってしまうと、それが「結論」みたいになってしまって、文章としてスマートではありませんから、そのあとに何か書き加えるわけです。書き加えることは、次へのステップになるかもしれないことや、ちょっとした連想じみたことです。単純な連想ならダジャレ落ちになったりしてます。
書き始めの前置きが長過ぎて収拾がつかなくなるときは、しり切れトンボで終わります。
そんなふうなのが居心地の良い感じです。

Trackbacks

コメント

< じゃあまたね | top | 冷めやすくなく >