うしろ姿

後ろ姿の写真も、好きなので、ときどき撮ります。

普段見ることのないアングルなので、自分じゃないみたいに見えることもありますが、でもやっぱり自分。というか、不思議な自分なのですね。

後ろに視線を感じるときは、意識して両肩を後ろに引きぎみになります。
肩幅を狭く見せるためなのですが、この写真は、まあまあですね。
普段からこういう姿勢を心がけているといいのかもしれません。
肩幅というよりも、左右のわきの下の幅、つまり背中の幅ですね、背中が狭く見えると良いと思います。

Trackbacks

コメント

< 橋を渡ろうかどうか | top | 秋の気配 >