へたりこむ夏

暑い季節になってきました。
からだもだるくなったり、なにごとにつけ、やる気のおこらない季節ですが、夏休みは子どものころから大好きでした。そんなわけで今でも嫌いではないのです。
でもうだるような暑さは苦手です。ほんとうに倦怠感の季節。

このごろからだがだるくなってアンニュイで憂鬱な気分になることも増えました。いろいろ調べたり原因を考えるのですが、要するに、更年期障害? うつ病なのかどうかはわかりませんが、低血圧はそうとうなものかも。薬の副作用はないと思います。天然物だけしか飲んでませんから。

暑くて猫も床にへたりこんでいます。
床にへたりこむといえば、最近の若者はよく地面にへたりこんでますね。でもある本で読んだところによると、ちょっと前までは田舎の電車の中でよくオバチャンたちがゴザを敷いて腰をおろして輪になって歓談なんて、よく見かけたことだったとか。高度経済成長とともに生きてきた人には、そういうのが許せないらしいです。でも昔の日本人は、とくに出世欲があるわけでなし、そうやってのんきに暮らしてきたらしいのです。

電車の中といえば、女性のお化粧。谷崎潤一郎の小説にもそういう女性が出てくるそうですが、昔はよくあった光景らしいです。
写真は今日撮ったもので、光が強すぎてこうなったみたいですた。

Trackbacks

コメント

< ボクと言った男の子 | top | 木と生きる少年 >