端午の節句

今日はお節供。菖蒲(尚武)の節句ともいい、男の子のお節句なんていう言いかたもありました。

鳩子が男の子だったころ、鯉のぼりを上げてもらいました。それだけです。
ヨロイカブトの人形もあったかもしれませんが、
そういう飾り付けにくらべて、女の子のお節句の雛人形の豪華なこと!
出来合の市販品の柏餅もおいしいものではなかったし、滝を登る鯉のように立身出世?
なんて憂鬱なことでしょう。鯉のぼりのからだの中のように空っぽな一日。

女性で雛祭が嫌いだったという人もけっこういるらしいのですが、あんなに楽しいものがなぜ嫌いなのかしらって、そのときは不思議に思ったのです。でも自分にとっての鯉のぼりのことを思えば、よく理解できる話ということになりますよね……

Trackbacks

コメント

< 古い本の挿し絵画像の著作権は? | top | 携帯でホームページを見る >