古い本の挿し絵画像の著作権は?

昨日からタイトルの画像を変更しました(『鳩子の忘れな草紙』)。
森の大きな木のたもとで少女が本を読んでいます、そしてそれを森の動物たちが見ている絵です。
オリジナルの絵は、古本屋さんで見つけた講談社の雑誌『なかよし』の昭和31年2月号附録の漫画の本の見返しに印刷されていたもので、50年と3ヶ月前の発行です。漫画の作者はわかるのですが、この絵は別の人の絵で、作者名はわかりません(右下のYとAをつなげたようなマークが作者のイニシャルなのかもしれませんが)。
作者の不明なものや団体著作物にかんしては、発行後50年で著作権が切れるらしいです。昭和30年代には質の悪い紙の雑誌に作者のはっきりしないような挿し絵がたくさん載るようになったのですが、著作権切れという扱いで良いのでしょうね……。


Trackbacks

コメント

詩織 : 2007年8月8日 06:15

古い本の挿し絵画像の著作権は?
鳩子さんへ♪

おはようございます。以前からブログ表紙の挿し絵に興味がありました。 (*^。^*)
優しいタッチですので、最近の作品ではないだろな〜と私なりに感じていました♪
紹介していただいてありがとうございました。 (*^_^*)

この絵は、鳩子さんに一番似合っていると私は思いますよ。♪
私の感想ですが、鳩子さんからのコメント返しのお返事は、優しいお姉様からの
お返事に感じます。(*^。^*)

品がありますし、文章もきれいでホント、憧れます。 (*^_^*)
また、コメントさせていただきますね♪   

失礼しました。

鳩子 : 2007年8月11日 01:29

古い本の挿し絵画像の著作権は?
お城の近くに森があって、木陰で本を読んでるのは、お姫さまだと思いますが、それを森の動物たちが見守っている……という絵ですね。
西洋の童話には、そういうシーンが出てくることは、多かったと思います。

読書でなく、楽器を奏でる少女でもいいかもしれませんね。
お姫さまの楽器なら、ハープでしょうか……

< 女性が長生きなわけ | top | 端午の節句 >