立てば牡丹

花壇の別のところに立ってみたら、白い牡丹が咲いていました。
ちょっと日陰でした。

牡丹は芍薬と違って枝がたくさん分かれて横にも広がってゆきます。
花言葉は「恥じらい、富貴」。

明日は「百合」といきたいところですが、もう少し後の季節かも。
芍薬と牡丹と百合の共通するところは、やっぱり花の一輪が大きいとということでしょうか。華麗で、しかもどことなく品のある感じ。
http://www.eisai.co.jp/museum/herb/familiar/woman.html

Trackbacks

コメント

< すわればシャクヤク | top | 藤の花 >