ある男の子

年齢の近いイトコの男性がいて、子どものころは、あたしととてもよく似ていたらしいのです。
高校生のころ彼に会ったとき、彼は当時バミューダパンツといっていた、つまり膝下くらいの半ズボンのことですけど、それをはいていて、そこから見えたふくらはぎは毛深くてごつごつしていました。やっぱり男の子だったんですね。手もごつごつしてずっと大きく見えました。
2〜3年前に会ったときは、彼の顔はゴルフ焼けして浅黒く、痩せているのに背中をかがめて歩いていました。あたしと似ているところはもうあまりないみたいです。

Trackbacks

コメント

< パス度は相対的なもの | top | 笑顔の写真 >