後悔のない人生なんてない

先週NHK衛星放送でやっていた「男はつらいよ」シリーズの番組の最後に、映画監督の山本晋也さんともう一人の作家のおじさんとで、映画のシーンを振り返ってのトークのコーナーがありました。
その中で、女優の岡田嘉子が「後悔のない人生なんてないんじゃないかしら」と言うシーンのことを話題にしていました。若き日に共産党員の男性とロシアに駆け落ち亡命をした美人女優という私生活のイメージがだぶってきて云々の話はともかく、
「後悔のない人生なんてない」
という言葉は、ちょっと気持ちが楽になるような気もしました。
若いころは人生に前向きであるべきでしょう。同じ後悔をするなら、一度きりの人生、何もしないよりも、思い切ってやってみて後悔した……、そうして性再適合手術(SRS)を受けようとする人。もちろん「何もしないで」後悔する人もいます。
どちらも同じように人間らしい姿なのでしょう。

Trackbacks

コメント

< 鳩子萌え | top | 松田聖子の時代 >