ブログを始めたころ

2年前にブログを始めようと思ったとき、最初は「はてなダイアリー」をレンタルしようと思いました。そうしなかったのは申込条件の本名やら正しい住所やらの言葉にひっかかりを感じたからです。その後、他社で顧客情報流出事件などが頻発したせいでしょうか、はてなダイアリーの登録条件はゆるやかになったようです。
そのときレンタルしたのはFC2ブログです。アカウント名とフリーメールのアドレスだけで登録できました。このくらいの条件が今は普通だと思います。
その1か月後にはFC2ブログは、サブドメイン方式といって「hatopia.blog10.fc2.com」のように途中にスラッシュ(/)の入らないURLに変わり、だんだん他社に追いついて行ったようです。
今となってはFC2から引っ越す予定はありません。Yahooの検索からのアクセスがだいぶ多くなってますから。

4年近く前にHPを始めたとき、あるトランスさんのサイトで無料スペースをレンタルするのに本名での登録をすすめていたのを見たことがありますが、その人は考えすぎだったのじゃないかと思います。どこかで情報流出事件があったときでも、お詫びメールが届いただけらしいですから。Y社からのお詫びメールならYメールの迷惑フォルダには振り分けられないと思いますが、他社からのだったらわかりません。

Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2006年12月8日 11:54

おっしゃるとおり、数年前までは無料レンタル日記帳や掲示板の登録には本名でというのが原則でしたよね。
HPを開設した1999年頃ですが、本名じゃなくハンドル名で登録してしまいました。その後ネットアイドルなんかやってきて、いつのまにかハンドル名が本名になってしまいました(笑)
そういうネットアイドルさんを他に3人ばかし知っています。

鳩子 : 2006年12月9日 00:57

1999年からとは、やっぱりまりっぺさんはフレキシブルなんですね。
私は2003年に、つい手がすべってそんな名前をタイプしてたかもしれません。
トランスさんは、規則への畏怖といった男性脳と、特有のうしろめたさのために迷うのでしょうけど、やっぱり人間は好きな名前で呼ばれる権利みたいなものもあると思います。人権論ということではなくて、です。
鳩子はパートタイムの呼び名で満足している現状です

< 哀しきトランスジェンダー | top | 癒しのトランスジェンダー論 >