自閉症"診断"プログラム

自閉症とトランスジェンダー(特にFtM)の問題は、これまで何回か書いたと思います。

「自閉症スペクトラム指数自己診断」というのがありました。
http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html
児童用の診断ということですが、自分でやってみました。点数が高いのが自閉症的傾向らしいです。

あなたの得点は14点です。
社会的スキル   6点
注意の切り替え  1点
細部への注意   3点
コミュニケーション 2点
想像力       2点
閾値内に収まっています。

私の14点は意外に(?)低かったです。
想像力は、私については不足はないでしょう ^^;。
コミュニケーション能力は年齢が上がれば障害は少ないです。できるかできないかと聞かれて、できると答えたものでも、好きか嫌いかということなら、嫌いと答えるかも?
細部への注意、?
注意の切り替えは、「ながら族」ですから問題なし。
問題は「社会的スキル」ですが、これは要するに世間の処世術のような意味ですから、私の場合、自分の人生観の視点で解答してるのでしょうね。つまり自信をもって処世的な価値を認めないわけです。なのでポイントが高いのは余計なお世話というもの。

「注意の切り替え」についてですが、最近のテレビのニュースショーやクイズ番組などで、ぐっと盛り上がって見る者を惹きつけた直後にCMというのは、全然切り替えができないので、ああいうのは見なくなりました。昔の番組ではありえませんでした。ああいう番組は、逆に子どもの集中力を養うのに良くないのではないかと思います。

Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2006年12月29日 19:28

やったことあります。
これはよく知っています。試しにやったら6点でびっくりしました。設問の内容を分析しますと、やはり自閉症=男性脳のような印象は受けますね。
先日自閉症の若い女の子に会いましたが、ファッションは可愛いのに、トークがまるで30ぐらいの男の人のように歯切れがよかったです。

鳩子 : 2006年12月29日 20:32

たしかに男性脳的……
私のページへのリンクのあるページを探して、annoさんのページで今ごろ見つけたわけです^^;
http://d.hatena.ne.jp/annojo/20060514
没頭しすぎとか意味のない数字へのこだわりとか、いかにも男性脳のことのように私も思いました。鉄道が好きかどうかといった項目を取り入れたらいいのでしょうね。
自閉症の若い女の子の例は、なるほどそうなのかと思いました。

三貴 : 2006年12月31日 11:56


はじめまして。
実は前にも訪問させていただいたことがあるんですが、コメントを残す勇気がなくて、ロムっていました^^;
自分が自閉傾向があるのではとずっと思ってきたので、さっそくやらせていただきました。
結果は閾値を越えていました^^;
社会的スキルにいたっては10点の高得点をたたき出しました。
私は自分の性自認が曖昧でトランスジェンダーなのかはよく分かりません。
自閉症とトランスジェンダーの問題についての記事は追々読ませていただきたいと思います。
また、遊びにきます^^

鳩子 : 2006年12月31日 16:54

男性と職人気質
三貴さん初めまして。
診断の信頼度は不明なのですが、回答で、はっきりイエスと、どちらかといえばイエスの、二つが同じ1ポイントという計算方法になっているのが、素人ながらちょっと疑問も感じられました。

「近世奇人伝」みたいな本に出てくる男性たちは、みんなポイントが高いような気がします。不器用で偏屈だけど一芸に秀でた人たちのことで、日本の職人さんたちは、多かれ少なかれほとんどこれに当てはまるのではないでしょうか。そういった何代も続いた数々の職人芸に支えられて、日本人らしい繊細な文化もあったのだと思います。
最近職人堅気の文化も少なくなり、そういう男性の性向は、オタク的な趣味の領域にかろうじて残され、軽視するかのような風潮は、ちょっとまちがえば、日本人のアイデンティティの放棄にもつながりかねません。
時代が違えば、ちょっと変わった人だなというくらいで普通に社会で過ごせた人が、今はいろんな軋轢で悩む時代になってしまったとしたら、現代の文化のありかたの問題なのではないかと思います。

男性に関してはそう思います。MtFトランスジェンダーとの関連ははっきりしたことは確認できないのではないでしょうか。

< 世代別による体格差 〜背伸びだった時代〜 | top | サルビアの花 >