青春を懐かしく語る

鳩子のページの記事の特徴としては、最近は年齢のことを気にしすぎかもしれません。

もともと以前から、失われた時間の思い出をせつなく懐かしむようなことをよく書いてましたので、そういう方向でならいいのですが、あまり現実的すぎてもいけません。

ずいぶん昔にいただいた手紙のうち、"力作"と呼べるようなものが記念にいくつかしまってあります。それを読むと、かつて文学青年だった熟年男性たちが、ラブレター(?)にことよせて、自らの青春を懐かしく語ることに主眼があるのだということに気づきます。それぞれの青春は、それぞれ一つの時代なのでしょう。悪くないと思います。

さて、もう一つの特徴としては、「男女のからだのサイズ」などに見られる、細かいディティールへのこだわりがあると思います。これについては、後日ということで……

Trackbacks

コメント

< 男性更年期障害とはよくわかりませんが | top | 肩幅のこと。+性同一性障害と生き方の問題 >