24枚で2〜3枚

だんだんオバサンになってくると、写真を10枚撮っても人に見せられるのはそのうち半分以下だったりします。
むかしK子さんという大お姐さんが、「24枚撮っても良いのは1枚か2枚」と言ってたのを思い出します。あたしもだんだんそういう年齢に近づいて行くのかも。

K子さんは「だからたくさん撮らないとダメ」と言ってましたが、あたしが「フィルム代がかかりますよね」と言うと、現像に出すとき同時プリントは頼まないで、現像だけしてもらって、フィルムのネガを見て良いものだけ焼き増しプリントを頼むんだって言ってました。
……ここまで思い出して「あれっ!」って思いました。フイルムのネガを見てわかる、というのは、特殊な能力でしょう。K子さんが誰かわかった人もいるかもしれませんね。

でもそのときは、練習すればわかるんだろうなと思いました。努力すればなんとかなるというのは若い時代は誰でも思います。それでなんとかなる人もいるでしょう。

けれど写真の場合は、若いころは24枚のうち失敗といえるのは2〜3枚でした。今から思えば、僅か2〜3枚。でもお小使いが少なかったので、その2〜3枚をどうやったら減らせるかということばかり考えていました。

最近は水着姿や下着姿の写真で、良いのは1/3くらいです。その1/3を全部見せられるかというと、そうじゃなくて、むちむちした感じはオジサン好みかもしれないけれど、オープンには見せられない感情になるときがあります。そうでない写真となると、「24枚で2〜3枚」というか、ほんとうに少なくなってしまいます。

Trackbacks

コメント

景子 : 2006年11月16日 22:54

鳩子さんは、お写真で拝見するだけですけれど、内面の女までも、感じさせる数少ない方だと思います。360度そしてどの瞬間も大丈夫な方だと思っているのに、なんと控えめなコメント!+欲張りなことを…(笑)
私なんぞは、歳を取ってからの女の子修行ですし、ビデオカメラそしてデジカメの世代ゆえ、銀塩写真の経験はありません。想像するに相当に自分に自信がないと出来ないことかもしれません。やっぱり、鳩子さんはえらばれし人、なのでしょう。
ちなみに、わたしは、デジカメでパチパチ100枚撮っても全部OKです。どれも、同じように変なので選びようが無いと言う意味…ああ、綺麗になりたかった(悲)

鳩子 : 2006年11月17日 01:55

景子さん、こんばんは♪
以前は水着やセミヌードの写真を現像に出すとき、特に神経を使ってたわけなんです。デジカメだと失敗は消去すれば消えてしまいますが、デジカメにはデジカメの良さが他にあるんでしょうね

鳩子 : 2006年11月17日 20:06

ヨイショのコメント、ちょっとオーバーとは思いますが、ありがとうございます。^^;;
最近見せていただいた景子さんの写真のように綺麗な景色との調和も良いですよね

< シャノンさんという人 | top | 男性更年期障害とはよくわかりませんが >