タックとダーツ

男性のズボンは、アイロンでプレスされた線の前のいちばん上のウエストに付いているところが、数ミリ折りたたむように重なってそのまま縫い付けてあるのが多いと思いますが、そういうのを洋裁用語でタックといいます。女性のタイトスカートでは、その部分はたいてい縦にミシン縫いされて、なめらかなシルエットが出るようになっています。ダーツといいますが、写真のスカートはダーツが左右に2つづつとってあります。
たまに「女装(じよそう) タック」という検索キーワードでアクセスがあるのですが、女装さんたちが洋裁用語を調べてるのだろうと思っていました。でもアクセスをたどってみると、違うみたいですね。どういう意味なのかは検索してみればわかりますが、なるほど、折り重なった陰の部分は見えなくなるわけだし(※)、英語のtuckの意味を調べてもその通りなので、そういう使い方もあるんでしょうね……。鳩子のページでは洋裁用語としてしか使っていませんので、期待された情報は得られません。ごめんなさい。 (上の写真のころは細かったですね)
※ つまりふくろの表皮をつまんで折りたたむように重ねて何かを隠すことみたいです

Trackbacks

コメント

< 秋に咲くタンポポ | top | 乳頭間サイズとは >