もしかして確信?


むかし、「故郷に帰る」と決めていた人と、1日過ごしたことがあります。会ってお話は聞きましたが、その人の決めたことは尊重して、その後のことは心の中でせいいっぱいの声援を送るだけになってしまいます。今ならその後もずっとネットで連絡をとりあえたかもしれませんね。

「やめようか、どうしようか」という相談でしたら、あたしにはちょっとわからないです。これまで、そういう悩み方をしたことが一度もないからです。いろんな悩みはかかえているのですが、そういうことで悩んだりしたことは、もしかすると一瞬たりともなかったかもしれません。たぶんこれからもそうでしょう。
……それって、もしかして確信?
お医者さまやトランスジェンダーの理論家の人がよくおっしゃる「確信」というのは、そういうもののことなのかしら? 

鳩子のホームページやブログは、いつまで続くのでしょうね。
人の集まるところへ出かけておしゃべりしてくるとか、あまり好きではありませんので、ネットでのおしゃべりのほうがいいとなると、かなり続きそうな予感はあります。もっと研究ページを充実させたいというのが最初からの計画なのですが、やっぱり時間があれば少しは着飾って外を歩いてみたいですし、たまには人と逢ってみたりで、どんどん先送りになっていることがたくさんあります。

Trackbacks

コメント

< 不断の優柔 | top | お見通し? >