ヒヤッとする話

ばれそうになったとき、ヒヤッとすることがあります。

むかし見たマンガでいうと、手塚治虫の『キャプテンケン』に出てくるうりふたつの少女と少年の話。二人は同一人物ではないかとやきもきさせられました。
少年が手に怪我をして包帯を巻いて登場したかと思うと、同じ日の別の場面では少女が同じところに包帯をして現れ、周囲は驚きます。ヒヤッとしました。
また、少女が立ち去った方向から、しばらくして少年が現れたりします。なぜ同じ方向からなのでしょう。

60年代ごろのテレビドラマやマンガなどには、素性を隠していた正義のヒーローが多かったです。上の年代の人が見たという月光仮面七色仮面まぼろし探偵など、たぶんマスクの下の素顔は、少年または青年の探偵だったのだろうと思います。アニメのエイトマンは東八郎という探偵でした。他にも宇宙から来たという素性を隠しながら活躍するヒーローもいました。そしてドラマの中で素性がばれそうになったとき、見ているほうもヒヤッとしたものです。
アメリカ映画のスーパーマンもクラーク・ケントという新聞記者のことでした。こういう素性を隠して変身するストーリーは世界中で共通して受け入れられるのでしょう。
商人に変装する水戸黄門もばれそうになることがあります。けれど黄門さまはばれても致命的なピンチにはなりませんから、ユーモラスな話になってゆきます。

『おじゃる丸』に出てくるコーヒー仮面は、公園のゴミを拾い歩いて環境を守る正義のヒーローなのですが、本当は喫茶店のマスターです。彼が変身する場所は、なぜか古めかしい電話ボックスの中。時代設定がアバウトな話なのですが、昔の電話ボックスは小さい窓があるだけで下のほうは外からは見えないようになっていました。昔は電話ボックスの中でさまざまな"変身"をした人々もいたかもしれません。

ビデオで見た美空ひばりのドラマで、お城を乗っとられて、そのときお姫様だけ脱出できたのですが、後で殿様の家臣がお姫様を探して歩く話がありました。素性を隠して芝居小屋にいる少女が姫に違いないということになって、姫のからだのどこそこにアザがあるのでそれが確認できれば間違いないとその侍は言います。ヒヤッとしました。けれど少女は見せたくないと言います。養父も、いくらお侍とはいえ、見知らぬ男に年頃の娘が肌を見せたくないというのはもっともであって、お引き取り願いたいときっぱり。
ちょっと肌を見せれば、お姫様に迎えられて食うに困らぬどころか、バラ色のような生活が待っているのに、娘として肌を見せるわけにはいかないという話。良い時代でした。

素性を隠すことが限りなく愛に近かった時代があったのでしょう。

「パトリシア」のあらすじ

「パトリシア」というショートストーリーの第1回を書いたのは6月17日でした。続きのあらすじだけ忘れないうちにメモしておきます。

パトリシアは小さい島に漂着。無人島だと思ってたら、18歳くらいの男の子が一人いて、やっぱり10年前に漂着して一人暮らしの子でした。彼は8歳のときに女の子を見て以来だったのですが、異性については8歳のときの知識のまま。つまり女の子が違うのは着ているものや髪形だけ、あとちょっと可愛いのが女の子くらいの知識なのでした。
でも18歳ですから恋心を持ってしまって二人は結ばれてしまいます。それでも彼はパトリシアが本当の女の子だと信じて疑わないわけです。少年のままの気持ちだったのですね。
パトリシアも本当にしあわせを感じていましたが、いつか気づかれてしまうことをおびえながらの同棲生活でもあったのです。普段の彼の何気ないしぐさにヒヤッとしてしまったり(このへんはもっと具体的にいろいろ長く書けるといいですね)……。
そんなある日、沖に救助船が見えました。彼は崖の上でシャツを脱いでそれを大きく振って合図しています。その背中を見ながらパトリシアは今のしあわせが壊れてしまうような不安にかられてしまいます……

鳩子ロマンス infoseek

21日から古い日記をHatopia鳩子ロマンスにまとめ始めました。
URLはinfoseekにサブディレクトリを作りました。

いつからなのかわかりませんが、infoseekでファイルへのアクセスが少し変ったみたいです。
Googleの検索結果から掲示板などのcgiのページが直接開くようになりました。その点は便利になったわけです。
そのかわり?一般サイトからcgiのディレクトリにあるhtmlファイルはリンクできなくなっているみたいです。

古い日記の「トランスジェンダーな日々」はそういう場所にあるのですが、「忘れな草紙」からのリンクがエラーになっていました。これは問題です。そこでURLを別の場所へ移動して再構築しようと思ったのですが、いっそのこと新しい「鳩子ロマンス」で作り直そうというわけなのです。

お月さん、いくつ?

十五夜も過ぎました。

♪ お月さん、いくつ?
  十三、七つ、
  まだ年ゃ若いな

13+7で20歳、確かに若いです。
でも古い歌では「十三、一つ」だったという話もあります。
娘十八番茶も出鼻、これを過ぎたらもう若くなかったみたいな話。
「鬼も十八番茶も出鼻」ともいいますが……。

「月に支配される心は女性の心」
満月を見て変身するのはいいけれど、なぜ狼なのでしょう?

月夜の晩には、いろいろな想像をしてしまうものです。

月夜のロマンス

小さいころのこと
夕暮れ時に、原っぱの中の道を歩いていると、
右手に、まあるいお月さま。
私が歩くと、お月さまもついてきました。
急に走り出しても、やっぱりついてくる。
思いっきりちからいっぱい駆け出してみたのはいいけれど、
お月さまの方向をよそ見しながら走ったものだから、
足を取られて、スッテンコロリン。
ひざこぞうをすりむいて、
痛さをこらえながら、ふと空を見上げると、
やっぱりお月さま。
お月さまが笑っていました。

今夜は十五夜、お月さまが綺麗です。

たばこ吸ってもいいです

infoseekの広告ニュースで、女性ホルモンと肺がんの関係についての記事を見ました。初潮から閉経までが長かった女性で肺がん発症の確率が高く、さらに喫煙によって確率が増えるとか。まりっぺさんの掲示板でもとりあげられてました。
卵巣摘出手術のあと女性ホルモンを投与された人も確率が高めになるそうです。
男の子生まれで女性ホルモンが多そうな感じの人はどうなのでしょう。ちょっと心配です。

最近は遠慮して女性の前でたばこを吸わない男性喫煙者も多いです。「吸ってもいいですよ」と言っても遠慮しているので、そういうときは私から吸う真似をしてみたり?……そうすると吸い始める男性もいます。
じつは私が個人的に会ったことのある男性の9割以上が喫煙者でした。男性の平均よりだいぶ多いです。私の嗜好がそういう男性を選んだみたいなのですが、喫煙男性ってどういう傾向があるんでしょうね? 優しい気づかいの人という感じはしますけど


女体に近い聖徳太子像

大工さんなど職人さんたちによる太子講というお祭りでは、聖徳太子の姿を描いた掛図の前で、飲食なども行われるそうです。
絵に描かれた聖徳太子の姿を見て、「一見女体に近い」ものだと表現している人がいます(下記URL)。
http://www.bihoku-minpou.co.jp/kokora33.htm
(上記URLのページの挿絵は掛図とは別のもののようです)
仏教を広めた聖なる人のイメージから、観音様のように描かれたのかもしれません。

聖徳太子が14才のとき「束髪於額(ひさごばな)」という髪形だったと日本書紀に書かれます。束髪於額という文字からして、額の上で髪を束ねた髪形で、それが、ひょうたん(ひさご)型に見えたのでしょう。
太子が14歳のときに蘇我氏と物部氏の対立が激しくなり、太子は蘇我の軍とともに戦いに出ました。出かける前に、太子は、小さい四天王の像を作って額の上の束髪の上にのせて勝利を祈り、「もし戦いに勝つことができたなら、四王のための寺を建てましょう」と誓いました。この戦いに勝利してのちに建てられたのが大阪の四天王寺だといわれます。

「束髪於額」という額の上で髪を束ねる髪形は、元服前の少年の髪形だともいわれることもあります。女性の髪形は「隋書倭国伝」に「婦人 束髪於後」とあるので、おおむね後ろで束ねるのが普通だったようです。男性は頭の左右で髪を結う「みづら」という髪形が多いようで、考古学者が埴輪の人物の性別を考えるときは「みづら」以外の髪形をおおむね女性だろうと推定しているらしいです(あくまで推定らしい)。
(「踊る埴輪と髪形 http://www.konanmachi-stm.ed.jp/kyoui/oboegaki/kamigata.htm」というページに、古代の男女の髪形の違いについて詳しく載ってるので、とても参考になります。)

ということは、14才の聖徳太子の「束髪於額」という髪形も、あえていえば「女装」に近いのかもしれません。むしろ戦いに臨むときであるという状況を考えれば、古代のヤマトタケルや戦国時代の長曾我部元親 のように、そういうのは当然なのかもしれません。とはいえ、聖徳太子のような生まれの人は、幼いころからずっと稚児のような少女のような服装で暮らしていたのでしょう。

次のページも少し参考になります。
http://osage.hp.infoseek.co.jp/rekishi.htm 日本における「おさげ髪」の歴史

身長のこと

さいきん身長の低い男の子が増えているというお話。
「まりっぺのつぶやき」で見ました。
http://2.suk2.tok2.com/user/cherrygirl/?y=2005&m=09&d=09&a=1&all=0
栄養バランスと成長期の睡眠不足が原因とか。
鳩子は中学3年生の春からあまり身長が伸びてませんが、あのころからラジオの深夜放送を聞いたりして寝不足になり始めたかも。でもその時点でやや大きいほうでしたし、その後も小さいということはありません(それが悩み?)。
男子は中学生の三年間が一番の成長期で、女子は小学5〜6年生のときが一番身長が伸びる時期なのだそうです。私の場合は中間の小学6年から中学1年のころがいちばん伸びたので、そのころは良く寝ていたのかも。
今でも朝が遅いときにたっぷり眠ったあとのぼんやりしたひとときはとても快感です。
もっと背が低かったらフルタイムガールになってたのかも。
一説にクラインフェルター症候群の人は背が高い人が多いともいいます。

デジカメおまけソフト、 メールのこと


デジカメにメモリをセットし忘れたとき、内蔵メモリに何枚か撮れた写真があったのを思い出して、カメラに付いてたCD-ROMのソフトをインストールしてPCに取り込みました。
CD-ROMには画像ソフトもあったので、なんとなくこれもインストール。そしたら……、けっこう使えますね! おまけのソフトとは思えません。とくに「露出」調整という機能は、日陰でまっ暗に写った顔を、簡単に明るくできます。つまりカメラの苦手な部分をソフトで補うということなのかもしれませんが、別のカメラで撮った古い写真で暗く写ったのも簡単に調整できたので、手放せなくなるかも。

話は替わりますが、ときどき男性からメールをいただきます。
1行メールは無視してた時期もあるのですが、最近は「これからも鳩子のホームページをよろしくね」というような返事を書いています。
それから、返事に困るのもありますね。文章の中の「鳩子さん」を別の名前に変えればそのまま別の人に出せるようなメール。内容は1行メールと大差はないので「よろしくね」の他に少し書き足す程度になるのかも。

ウエストニッパーなるもの

ウエストニッパーなるものを、しばらくぶりに着用してみました。久しぶりだったので、1時間くらいはなんとなくしっくり来なかったというか、歩くのに抵抗がある感じでした。
最近は丈が長めのものを着用しているのですが、なぜ長めかというと腰骨までカバーしてわき腹がはみ出ないようにということなのです。長めだと腰のひねりの動きに対して少し抵抗感が生じます。腰のひねりとは、歩くときに右足を前に出したときに右の腰骨も少し前に出て、左側は後ろに残りぎみになるような動きです。最近はそういう歩き方のほうが自然になってしまいました。やせてたころはウエストの中心から下が振子運動みたいになるだけだったのですけれど……。(こういう説明でわかるでしょうか?)

| top |