名前の日、桜桃忌

ヨーロッパには「名前の日」というのがあります。365日に昔の聖人の名前がわりふられています。一般に人の名前は聖人にちなんでつけられますから、自分と同じ名前の日には、お祝いしたりされたり。誕生日のお祝いより盛大に行なう国もあるとか。
スウェーデンの名前の日の一覧です。
wikipedia 聖名祝日
スロバキアの名前の日の一覧。
http://bryndz.hp.infoseek.co.jp/meniny/meniny.htm

鳩子の英語名は Harriet ということですから^^ゞ、スウェーデンの一覧を探すと 8月22日に「Henrietta」とあります。これがスウェーデンでの名前です。スロバキアでは「Henrieta」は、11月28日です。すべての国で同じ日、というわけではないようです。

日本では今日19日は何の日かというと、桜桃忌。作家太宰治の命日(正確には遺体の発見された日)でした。


西洋の人名の意味については「http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros=奇妙なポプリ」が詳しいです。Harriet(短く呼ぶときは Hattie)の意味は「家庭支配者」だということは以前にアメリカ人のSさんに教えてもらったことがあります・・・

太宰治については高校生のころハシカにかかったように(^^;)熱中した時期がありました。強い印象だったのは『女生徒』に出てくる女生徒や『斜陽』のお嬢様や奥様。数年前に『斜陽』をもう一度読んでみたくなったのですが、5、6ページ読んで止めました。あのころのイメージとは違うものを感じました(※)。全部再読してその違和感を分析するというのも野暮な話ですから、読まないのが良いと思いました。"http://todai.ameblo.jp/entry-7541cb6d7e8cb8e68250eee28c4437da.html=東大女愛のセキララ書評" に「若くして死んだ太宰の文学は、同じく若く多感なうちに読むのが一番いい」と書かれてあるのには納得です。(6/22 追記)


※ お嬢様言葉にリアリティを感じなかったとかいったことだったかも

Trackbacks

コメント

cocco : 2005年6月22日 01:00

こんばんは☆
鳩子ちゃん、お元気?
coccoちゃん、しばらく忙しかった〜。
にんげん、忙しいと、書いて字の通りこころをなくすわね。
ところで名前の日。おもしろいね。
鳩子ちゃんの名前、どっちもすてきじゃない。かわいい。
そうね。太宰の命日よね。とても好きな作家なの。
「斜陽」に出てくるお母様のしぐさの描写も素晴らしかったし、
どうしようもない男だけど才能を持て余して悩んで死んだかわいそうな人。
あの時代に生まれてたら惚れて、いっしょに入水してたりして・・・。
それではおやすみなさい。

鳩子 : 2005年6月22日 13:02

機織り姫こと
太宰さんはかっこいい写真が何枚もあるし、檸檬のような繊細な短編を書く人の写真のイメージが大違いだったというのとはぜんぜん違いますよね。coccoちゃんの好みということは手も綺麗だったかも?
斜陽についてはトラバの関係で上に追記の形で書きました。
鳩子の名前は、本当は機織り姫が元で、服部(Hattori)→Harriot → Harriet というふうになったわけです。Harriet のニックネームが Hattie です。

< 子供の両性具有性とは | top | 男心と秋の空 >