男子に女子の名前をつける

 紀田順一郎『名前の日本史』(文春新書)という本は、題名の通りの内容で、人名についての習俗や、時代による傾向・嗜好などを広く調べあげて紹介しています。

「男子の育たない家や、逆に女子の育たない家は、男子に女名、女子に男名をつける(群馬県休泊村、東京府西多摩郡)。
 男子に女子の名を付ける代わりに、女子名に「お」がつく習慣をとって、男鹿、男也、翁輔、斧也などの名を選んだ(山口県豊浦郡)。」
 (昔の政治家で浜口雄幸っていう人もいましたね)

 前半の部分はよく聞かれることです。新書判の小さな本なので、あまり詳しい説明はないのですが、「丈夫に育つように」という理由で男子に女子の名をつけるのだという話もどこかで聞いたことがあります。子どもの死亡率が高かった時代ですので、なんとか無事に育つようにという親や周囲の願いからそうしたのでしょう。
 ではなぜ、そんな名前で丈夫に育つのかというと、女子にトラとか動物や虫の名前をつけるのと同じようなものだという説明が、通説になっているようです。
 つまり幼児は幼いがためにその肉体から魂が抜け出しやすく、そのために何かにつられて神隠しにもあいやすいですし、幼児の死というのも、魂が肉体から離れてしまうためにおこると理解されました。幼児の魂を抜き取ろうとする悪霊を近づけないために、トラという名前をつけたり、悪霊をだますために男子に女子の名をつけたのだろうという説明です。悪霊にからみれば、からだの弱い男子がいると聞いて来たけれど、その家の子は女子の名で呼ばれていたので、なんだ女の子かと言って退散するしかないわけです。

 参考文献として『日本産育習俗資料集成』という本が紹介されていましたが、「日本の古本屋」で調べたら6万円〜10万円ということでした。

追記(7/9)
近年は、女子のような名前の男子がいじめられたり、親を恨んで親殺しにまでなってしまった事件もあるそうです(「まりっぺのつぶやき」で読みました)
時代が違うので、古い時代をそのまま真似するのは注意が必要かもしれません。
★それとは別に、男女どちらでも通用するような「中性的な名前」というのを、コメントに列挙してみました。そちらのほうが受け入れやすいかもしれません。

Trackbacks

コメント

春奈 : 2005年4月11日 07:21

はじめてしりました
こんな定説がある場所も日本に存在していたのですね。
私にはちょっと嬉しいかもしれない・・・
だって改名しようって思っているから。

鳩子 : 2005年4月11日 19:05

いろんな名づけ法が……
春奈さんどうも♪ 今の名付けは、音の響きと恣意的な漢字の当てはめばかりですが、過去のある時代の命名法を理解してそれに沿ってオリジナルを考える、というのもいいかもしれません……

まりっぺ : 2005年7月9日 11:41

なるほど・・・
そういうことが習慣として行われていたとは知りませんでした。
昔みたいに成人したら、名前が自由に変えられるようになるといいですね。
http://d.hatena.ne.jp/lolitamarippe

鳩子 : 2005年7月9日 20:35

同感です
子供のころは中性的な名前で、15歳ごろになったときに個性にふさわしい名前、というのがいいです。
途中で変えられないならずっと中性的な名前
薫、歩、渚、千春、千秋、正実、和美、光、優、悠、真樹、・・・
読み方を変えられる名前は
由貴(ゆき、ヨシタカ) 美和(みわ、ヨシカズ)

鳩子 : 2006年8月3日 16:17

中性的な名前
追加
中性的な名前

忍、泉、環(たまき)、果(みのり)、円(まどか)、密、微(ほのか)、望、司、尚(なお)、幸(さち・ゆき・みゆき)、鼎、栄、和(かず・なごみ)、
五月、静香、真澄、

読み方を変えられる名前

由実(ゆみ、ヨシザネ)、真央(まお、マサヒロ)、真緒(まお、マサオ)
三枝(みつえ、サンシ)、史(ふみ、あや、フヒト)、晶(あき、アキラ)

< 『くぃーん』創刊号 | top | たんぽぽ >