『性の用語集』


 現代のさまざまな性の問題について、約50のキーワードをめぐっての小論文集であり、性についての言葉の語源や意味・使われ方の時代的な変化の様子を解説する「辞典」でもあります。
 たとえば「女装」という言葉については、「それは当然男性の行為で特殊なセクシャリティによるもの」といった今の使い方は、1970年代に広まった新しい用法であるとか、「ゲイ」は、終戦後の日本で生まれた和製英語で、のちにアメリカへ渡って逆輸入されたものである可能性があるというお話。また「ニューハーフ」については、その言葉をめぐる何人かの人たちのドラマも紹介され、そういった時代を本を読みながらわたしたちも体験できるかのような、面白い本でした。
 以上の3つの項目については、三橋順子さんの執筆によるものです。膨大な資料にもとづいた具体的で明快な語り口が、小気味良く感じられました。』(井上章一編、講談社現代新書)


2004年12月のBBSより
今日21日、本屋さんへ寄ってみましたが見あたりませんでした、というより装幀が変ったことが頭になくて見落としたかも。以前の杉浦康平のブックデザインは好きだったのですけど……。
(当時、講談社現代新書は新旧二種類のデザインが陳列され、新デザインは別の出版社の新書と思って見落とした可能性)

本を入手しました。「性の用語集」の三橋順子さん執筆の部分は、小論文形式の百科事典のような書き方で、読み手をひきつけるものがあると思います。
とりらげられた用語について、その使われ方の歴史というか、新しい言葉や新しい使われ方が登場したころの時代背景や、それに関わった人たちのエピソードなどが、たくさんの資料を駆使して、わかりやすく述べられています。(BBSより)

Trackbacks

コメント

< リンク集改訂 | top | 小股の切れ上がった >