阪神大震災とアルバム

阪神大震災10周年のニュースをやっていました。倒壊した家からたった一つ持ち出したものは家族のアルバム、という人が多かったそうです。アルバムには2度と帰ってこない家族の幸せそうな姿を写した写真が……。

何十年も前の時代には、こういうときに何をさしおいてもいちばんに持ち出したものは、ご先祖さまの位牌だったそうですけれど、時代が変りました。

でもその二つには共通項があります。それに向かって語りかけたときに言葉が返ってくる、または返ってきそうな感じがするという点で、同じようなものといえなくもないのかもしれませんね。
鳩子のアルバムはネット上にもたくさんありますから、まずはひとあんしん。

Trackbacks

コメント

< トランスジェンダー哀歌 | top | SM談義 >