おんぶの文化

「おんぶの文化」という記事をみました。
http://www.kanshin.com/keyword-118138
スキンシップのこと、子どもの背筋が伸びることなどが書かれていました。
ほかの本によると、小さい子をおんぶするという習慣は、アジア、アフリカ、太平洋、アメリカインディアンなど世界中にあるのですが、ヨーロッパ人にだけなかったそうです。
戦後、欧米人へのコンプレックスのせいか、おんぶは子どもの胸やおなかを圧迫して良くないとか、足が曲がって伸びなくなるとか言われ、おんぶはすたれてしまったのですが、最近自閉症の子が増えてスキンシップが足りなかったのではといわれて少し復活してきたそうです。

おんぶおばけというアニメもありましたが、おんぶおばけは民話に伝わった妖怪の一つでもあり、行き倒れになった人の霊をまつった道祖神の一種だという人もあります。神様みたいなものなので、敬意ははらっていたわけです・
自立しない迷惑な子どもの意味で「おんぶおばけ」という言葉が使われることもありますが、戦後のおんぶに対する価値観の変化のためなのでしょう。

『中世の愛と従属』(保立道久著) という本の中に、絵巻に描かれた大人どうしのおんぶについての意味を考察した一章があります。
3つの組み合わせがあって、1つは、男が乞食をおんぶしたら、乞食は仏様の化身だったという絵。2つめは、本当に困った人を仏様や修行僧がおんぶしてくれる絵。おんぶによって通い合う信仰というのがあったのだろうと思いました。

3つめは男が女をおんぶする絵。夫婦関係にある男女だろうといいます。それはやはり両脚を広げて下腹部や胸を男の背中に密着させるわけですから、知らないどうしの男女にはできないことでしょう。
中世では女のお尻の下に棒や守り刀を横に渡して、男はその棒の両端を持って背負ったという話です。著者は自分でやってみたが慣れないと難しいと書かれていました。おんぶされる身で考えてみますと、大人で重たいですから、素手のままではお尻がどんどん下がってしまい、両手で相手の首にしがみつくので、しがみつかれれば首が苦しくなるでしょう。お尻を支えるものがあったほうが良いと思います。
守り刀とはいつも夫婦の寝室に置いておいて、女一人のときもいろんなものから守ってくれたものだそうです。けれど寝室が持てたのは自作農以上の人たちだけではありますが。

「同性」どうしのおんぶもあったのでしょうが、この本には取り上げられていません。戦場で負傷した武士をおんぶする場合、同性愛の関係でなくてもおんぶしたかもしれないし、おんぶがきっかけでそういう関係になることもあったかも?
稚児やそれに近い人は女性の扱いだったと思いますが、稚児は仏の化身でもありますから、おんぶする側になることもあったかも? 想像ですけど。

 ♪夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か
  ……懐かしい歌ですね

Trackbacks

コメント

< 細く見えるポーズ | top | 思い出の場所の写真 >