当世SM事情2

最近SM希望の男性からメールなどいただくことがあります。
鳩子はそういう方面にはとくに興味はないのですが、どちらかといえばSなのでしょう。メールの人はみなさんSだとおっしゃるので、その点も合わないわけです。
そのようなメールなのですが、文章を読んでいて何かリアリティが感じられないのは、(中略)バーチャルでメールだけの世界を楽しんでいらっしゃるのかもしれません。

私の知識では、男性一般はM指向がとても強い存在です。観念的な傾向も強いのですが、最近のバーチャルというのとも違います。たぶんそれは、ルール好きが昂じて自分をかんじがらめに縛りたいのだと思います。ゲーム好きもルールが好きということなのかも。

トランスの世界では「女装(じよそう)マゾ」という嗜好があって、かなりの数があるそうなのですが、どうもそれは必ずしも男性性が残っているためだけでもないようなのです。
雨庭みどりさんのページを見たら、面白い話が載ってました。ある「女装マゾ志望」の人の書き込みに、ロープで云々とか、ああしてほしい、こうしてほしいという希望が、たくさんの項目にわたってこと細かく述べられていて、わがままばかりで、S的な傾向もあるのかしらとか、そんな話。SとMは究極には近似的なものだという人の話も聞いたことがあります。
けれど私の「どちらかというとS」というのはそういう傾向とは違いますし、究極は同じだというのもよく理解できません。

コメント

まりっぺ : 2005年10月21日 12:17

SとM
イベントで「あなたはS?M?」というワークショップに参加したのですが、意外にも精神的にS(イジメ役)、肉体的にはM(いじられ役)を自認している人が多かったです。
Mができる人はSを知っている人だという意見もありました。
SMはプレイであって「ヘンタイごっご」なのです。「変態ごっこ」になってしまっては、苦痛や嫌悪感が先に立ち、そのオモシロさがわからないと思いました。

鳩子 : 2005年10月22日 17:04

SM占い
いろんな意見とか読んだ小説などの影響もあるのかもしれませんね。
Sといっても、オンブとか馬乗りくらいのSがいいですね。
愛はすべて献身的なものなので、献身的だからMだというのもおかしいと思います。
「SM占い」のページ。作った人の想像力もいまひとつかも。
http://pengin.tank.jp/sm/
http://www.f3.dion.ne.jp/~ykurata/smi/sm.htm

< もう一度行ってみたい場所 | top | 鳩子の書いた物語と詩 >