『性の用語集』


 現代のさまざまな性の問題について、約50のキーワードをめぐっての小論文集であり、性についての言葉の語源や意味・使われ方の時代的な変化の様子を解説する「辞典」でもあります。
 たとえば「女装」という言葉については、「それは当然男性の行為で特殊なセクシャリティによるもの」といった今の使い方は、1970年代に広まった新しい用法であるとか、「ゲイ」は、終戦後の日本で生まれた和製英語で、のちにアメリカへ渡って逆輸入されたものである可能性があるというお話。また「ニューハーフ」については、その言葉をめぐる何人かの人たちのドラマも紹介され、そういった時代を本を読みながらわたしたちも体験できるかのような、面白い本でした。
 以上の3つの項目については、三橋順子さんの執筆によるものです。膨大な資料にもとづいた具体的で明快な語り口が、小気味良く感じられました。』(井上章一編、講談社現代新書)


2004年12月のBBSより
今日21日、本屋さんへ寄ってみましたが見あたりませんでした、というより装幀が変ったことが頭になくて見落としたかも。以前の杉浦康平のブックデザインは好きだったのですけど……。
(当時、講談社現代新書は新旧二種類のデザインが陳列され、新デザインは別の出版社の新書と思って見落とした可能性)

本を入手しました。「性の用語集」の三橋順子さん執筆の部分は、小論文形式の百科事典のような書き方で、読み手をひきつけるものがあると思います。
とりらげられた用語について、その使われ方の歴史というか、新しい言葉や新しい使われ方が登場したころの時代背景や、それに関わった人たちのエピソードなどが、たくさんの資料を駆使して、わかりやすく述べられています。(BBSより)

リンク集改訂

白翼黒翼のユキさんのリンク集で、コメントの全面改訂が始まってます。相互リンクは急ぎのときも多いですし、各HPの内容も少しづつ変っているところもあることでしょうから、良い配慮だと思います。改訂後は各人の詩の一節を引用して紹介する形式になるようです。リンク先のページをたくさん読まないとできない作業です。
そこでこちらから白翼黒翼へのリンクのコメントも同様にしてみました。幼いころのへ思いを壊れたおもちゃに語りかける詩でした。
そういえば鳩子も古い思い出にこだわるタイプです。HPを始めたころのページもいまだに修正を続けています。たまに日記まで推敲してしまいます。

MTF+純女 相互なかよしWebRing 2005年01月26日(水)
申し込んでおいた「MTF+純女 相互なかよしWebRing」から本登録していただきましたので、バナーをはりました。最近のBBSでは純女さんお二人とリング参加の人計3人の書込みが印象的だったものですから・・・

投稿しなかった原稿

むかしある隔月刊の雑誌に、毎号のように短いメッセージを投稿してたころ、書いてみたけど投稿しなかった原稿のうちの一つ。

「何年か前のこのコーナーのわたしのメッセージを読み返していると、ほんとになんてかわいい女の子なんだろうと思っちゃう。へんなわたし。でも自分の写真にうっとりするだけがナルシズムじゃないのよ。なくしてしまったバックナンバーが何冊もあって、集めなおしたい気もするけど、どんな言葉もその都度1回きりで消えるもの。わたしの恋と同じだと思って、あきらめてるの。」

軽石くん

空気が乾燥する季節です。火の元にはご注意を。
この時期は足のかかとのあたりがちょっとすべすべとは言いがたいので、たまにですけど軽石くんのお世話になります・・・。

SM談義

2、3日前ぼんやりテレビを見ていたら、サドとマゾについてコメントしていました。最近はお茶の間でもそういう言葉が聞かれるわけです。そのコメントでは、自己の快楽を追求するのがM、広い視野に立つのがS、ということでした。そういう見方もあるのかなというか、今風なんだろうなと思いました。

学生のころ読んだ小説や文芸評論などでは、一般に女性はサド的であり、男性はマゾ的な傾向があるというのが普通の認識でした。男性は働き蜂のように滅私奉公型のタイプが多く、女性は女王蜂で自分のホームグラウンドを守り支配するものという見方なのでしょう。SM論は一種の女性論・男性論として文学青年たちにも好まれましたが、日常の市民生活の中での話題になるようなことではありませんでした。

その後、日本の映像ポルノの世界では、写真集でマゾを演じるのは女性ばかりです。やはり女性の写真集でなければ売れないからでしょう。そして最初からそういう写真集だけを見てきた世代の人たちは、SMとはそういうものだと考えるほかはなく、Sをつとめるのは男性的で「広い視野」といった見方をするようになるのでしょう。今のM系の写真サイトを見ると、「自己の快楽の追求」という言葉に説得力を感じてしまいます。しかし本来のエロスは知的なものでなければならないはずです。映像優位の社会における一つのバリエーションといったところなのでしょうか。

阪神大震災とアルバム

阪神大震災10周年のニュースをやっていました。倒壊した家からたった一つ持ち出したものは家族のアルバム、という人が多かったそうです。アルバムには2度と帰ってこない家族の幸せそうな姿を写した写真が……。

何十年も前の時代には、こういうときに何をさしおいてもいちばんに持ち出したものは、ご先祖さまの位牌だったそうですけれど、時代が変りました。

でもその二つには共通項があります。それに向かって語りかけたときに言葉が返ってくる、または返ってきそうな感じがするという点で、同じようなものといえなくもないのかもしれませんね。
鳩子のアルバムはネット上にもたくさんありますから、まずはひとあんしん。

トランスジェンダー哀歌

鳩子のホームページをYahooのカテゴリに登録申請しようと思ったことがあるのですが、例によって分類に困りました。1つの候補はここです。

 健康と医学 > メンタルヘルス > 病気、症状 > 性同一性障害

やっぱり病気の扱いになってますから、病気でない人が申請してもだめでしょう。見ると「ホルモン日記」のようなコンテンツがあるところが多いようですが、そういうのはあまり読んだことはありません。なにか男性の「性衝動的」な関心で読まれることも多いのではないかと心配です。GID認定基準をめぐる記事なども、なんとなく重苦しくなる感じがします。
もう1つはここ。

 生活と文化 > 性 > 性行動の種類 > 異性装

AさんやCさんも載ってますが、ほかのサイトの紹介文はいかにもフェティシズムという感じ。「性行動の種類」という同じ分類の別の項目を見ると、いかにも男性の性的好奇心そのものというか、男性のそういう嗜好も悪くはないのでしょうけど、それだけが分類基準というのはちょっとさみしい感じ。
結局のところ場所がありません。文学や歴史のテーマを前面におしたてていけるだけの内容があれば良いのですけど・・・・・

忘れずに

昨日の昼間に、新しい詩の一部を思いついたのです。でも忘れました。メモにとっておきませんでした。前にも何度かこういうことがありましたよね・・・。

あたしはそれほど方向音痴ではないと思っていたのですが、最近はちょっと違うみたいです。外を歩いてると、通りに新しい建物が建っているのに、別の古い建物が建っていたころの思い出が優先されて、こんがらがってしまう感じ。年のせいかもしれませんけど。

コラージュのアイデアを忘れずにここに書いておきましょう。
1つは、雑誌の表紙のパロディ。アップの顔写真の周囲に今月号の内容がたくさん書いてあるものですが、その文字の雰囲気をどう出すかで時間がかかるように思います。古い少女雑誌のイメージなら写真はもう決まってますね、あれしかないみたいな・・・^^;
もう1つは、観光地によく立ててある顔ハメ。伊豆の観光地にある伊豆の踊り子の看板のような絵に、顔のところが空いているので自分の顔を貼りつけるだけですが、自分で出かけてないので本から写真を借りられないかどうか思案中。

マニキュア

最近はあまり時間がとれないせいか、メイクにも時間をかけないし派手なマニキュアというかネイルカラーもしなくなりました。ゆっくり時間をかけていろいろやってみたいですね。
ずっと前、「指切り1988」の写真のときは、真っ赤なマニキュアをつけたら、指先の表情がとても良い写真ばかり撮れました。よく似合った服装なら歩き方も自信に満ちてくるなんて言いますけど、マニキュアで指の表情も伸びやかになってくることもあるのでしょう・・・・


comment 2005/01/08 by setuna
あたしの場合......
赤や....オレンジ系.......
試してみたけど......気にいらなくって.....

よくよく磨いて......
ベースとトップコーティングのみです......

例えば....お肌や髪のお手入れ.......
その他もろもろ......
ふつう女性が.....ふつうに......
気をつかっている部分って.......
とっても......大切.....だと思う......
そう云うことをしているとき......
あたしは.....なんだか.....
とっても.....おちつきます......(^^♪

あたしは......
GIDにしろ.....トランスにしろ.....それ以外.....
いずれにしても......
自身とは.....離れた.....向こう側の......
話題だと.....思っています.......
だって.....
ひとの口に蓋はできませんですもの.......

あたしは.....ふつうに......"Setuna"です〜っ......

だいすきな Kaneko系だって.......
けっこう.....ふつうに女性なら.......
着てみたいFashionだと思いますし.....
ブレイクしていた頃は......普通だったんですけどね〜......(^^ゞ

んでっ.....今日の神様のお言葉.......
"だまりばかは....3年わからない" (*^。^*)


comment 2005/01/09 by Hatoco
だいたいその通りですよね。「普通に」という言葉が何度もありますが、あたしも自分はけっこう普通だと思っています。たぶんそうでしょう。
「あたしはあたし」でいいんでしょうけど、自分を周囲に合わせるような努力もする場合もありますが、その中にあたしを見失わないあたしもいるんですよね・・・。

古着

インド洋の地震の被災地や、そのほか着るものにも困っている国に、古着を送れたらと思うこともあります。
飽食日本に住み、サイズの合わなくなったものがたくさんあります。
でも荷物を送るには匿名ではできません。電気屋さんの電池回収ボックスのようなものが、古着屋さんの脇にあればできるかもしれませんが……。

| top |