男は論理的?

9月2日
 男は論理的で女は感情がこまやかで……そうじゃない人もいますよね。
 鳩子もけっこう論理的に考えようとして、それで文章が長くなります。でもそうやって導き出された結論らしきものが本当にそうなのかすぐに疑問が湧いてきますから、もっと直感を重視して詩的表現にしたほうが書いてて気持ちいいわけなの。男性はそういう疑問が湧かないのかしら、ということは男は論理的というより単純なだけなのかも。けど、そういう単純さが可愛く感じられるかどうかはその人次第ですよね。
 物理学や数学とか学校では苦手だったけど、聞いた話ではそういうのをつきつめて行くと単純な論理ではわりきれない神の領域みたいなものに近づくらしいです。でも精神分析とかが科学みたいな顔をして「性行動」を分類定義したりしようとするのは嫌になります。科学の仮面をかぶった猟奇趣味なんて言ったら叱られそうですけど。わたしたちの性の問題も、宇宙の始まりの場所へ行きついたほうが、ロマンチックで素敵。  (・・・「性別診断」の結果を見ながら思ったことでした。極端な表現があったことをお詫びいたします)
(もう一つ)
 悩んでる人がいたら、話を全部聞いてあげて慰めたり一緒に考えてあげるのが女性的。適確なアドバイスを言うのが男性的。・・・という感じの診断だったかも。
 おじさんたちでいますよね、話をよく聞かないで、アドバイスのつもりなんでしょうけど、いつのまにか自分の経験の自慢話をしてる人。何を話しかけてもアドバイスを求められていると錯覚している人。相手に全部しゃべらせるのがカウンセリングの基本です。それで、もっと辛い境遇の人もいるのよとか、恨まないであなたから愛情をかけてあげなさいとか、そういうのは「アドバイス」ではなくて「慰め」に分類されるのかしら。でも慰めてもらって何かを糸口に自分で解決するのがやっぱり一番でしょう。そういうのに男も女も関係ないでしょ?
(ちょっと会話調で書いたのは良くなかったかも。おしゃべりでうるさい女に見られないか心配です。本当は、おとなしくて相手に合わせる子なんですよね(#^,^#))

Trackbacks

コメント

< 咲きはじめたコスモス | top | 性同一性障害世代 >