明治の禁令”

三橋順子さんの『日本トランスジェンダー略史』によると、明治維新のころ、異性装は法律で禁止にされたらしいのです。歌舞伎俳優が舞台の上でする女装などを除いてすべて禁止。
禁止令が出たということは、つまりそういう人たちが非常に多かったということでしょう。一方、明治政府がめざした軍国主義と欧化政策の観点からみれば、軟弱で非文明的な旧習ということだったのでしょう。こんなことをやっていては欧米に勝てないどころか、植民地になってしまう、ということだったのでしょう。
男は兵隊にとられましたが、女もそれ以前の時代のようなわけにはいかず、貞淑で家の中を守るのが一番ということになりました。こうした日本人の男女観はわずか130年くらいのものなのですが、さも大昔からのものであるかのように考えたのが戦後の思潮です。そんなことをいいつつ戦後はもう60年。こうした男女観を最も代表する時代となったわけですから、昔の人のせいにするのは間違いなのでしょう。
★ 法律に書かれたからといって立ちどころに取り締まりが行なわれたということではなく、軍国教育と文明開化の中で自然に陰の世界へ押しやられていったものと思います。

4日、80000アクセス。peachclubにハリコしたせいで1日後は80800。 その記事。
 鳩子の……  ホームページも そろそろ、だいへんしん するかもね!
 (しないかもしれないけど)
 でもちょっとだけ更新

Trackbacks

コメント

< 初投稿は1年前でした | top | 「もう男(女)ではない」 >