自分を語る言葉

こういう世界に長くいると?、情緒不安定な人の多いこと。若い人は社会への違和感から即性別違和感となって、生活環境の変化がきっかけでパッと戻る、それでいいのです。それは少し遅れて現れた青春であって、昔からそうでした。若くない人はもっと自分を語る言葉を持たないといけないのでしょうね。自分のことを時には甘くセンチメンタルに語るのも良いでしょうし、要するに自分の生きた言葉なら、世代を越えて共鳴できることもあると思っています。

20日 ユキさんとリンク 17日に「世代を越えて共鳴」なんて書いたら、その翌日からユキさんがBBSにカキコしてくれて、今日20日に相互リンクです。

Trackbacks

コメント

< 「ようこのとりかへばや物語」再開 | top | 女性のからだを持てなかった女性霊について >