細腕繁盛記

 まもなくホームページを始めて一年、われながら、よくがんばったといえるかもしれません。こういうのを"細腕繁盛記"というのでしょうか。
 ネット検索をすると、HPの日記のタイトルを「○○の細腕繁盛記」としている人がけっこういます。旅館の若女将、小さな店をきりもりしている女性、OLをやめて何かを始めた独身女性たちです。彼女たちは普通の男性にも負けないものを持っているのでしょう。私の場合は、男ニモマケズ、女ニモマケズ?でしょうか。

(7日に補足)何か書き忘れたような気がしてました。もし本当の女性に生まれていたら……という質問が昔よくあったのですが、そうだとしても、もし一人で生きていかなくてはならないなら、男まさりのことをしてでも頑張らなくちゃならないんだと思います。おしゃれのことなんか、かまっちゃいられないかもしれません。それはそれで素敵な人生。あたし自身がこうでなくちゃということは、あまりないのかもしれません。男でなきゃできないようなことを頼まれたとしても、ちょっと頑張ってみようかと思うでしょう。そんなことを考えると、本当の女性にならなくても、今と同じじゃないかって思ったのです。

Trackbacks

コメント

< Doll | top | まもなく1周年記念 >