初めに言葉ありき?

 「初めに言葉ありき」とは聖書の言葉ですが、要するに、"女性であれ!" と言えば女性になるのです。古代の日本でも「言霊(ことだま)」という良く似た考え方があり、言葉を発すればそのようになる、というか、言葉の中に魂があり、肉体をはじめとした「物」にも魂がこもっているので、魂どうしが感化しあうということなのでしょうか。
 もしあらゆるものが肉声を発したとしたら、男の声と女の声のように、私たちはそれらのいくつかを聞き分けることができるでしょう。
 肉声のともなわない文章のなかにも、男の言葉と女の言葉の違いがあるから不思議です。女性のワ、ヨという言葉を使わなくても女性らしい文章があります。

 (別の話)女性らしい気持ちになることはとても大切なことだとは思います。でも年齢が年齢だけにお節介おばさんのようにならないように注意しないといけないかもしれません。

Trackbacks

コメント

< 森へお出かけ | top | お花見の季節 >