手紙供養

暮れの12月8日は、針供養といって、女性たちが折れた針や使えなくなった針を豆腐などに挿して寺社に納めて供養し、お裁縫の上達を祈ったといいます。その日は針仕事も休みます。2月8日に行う地方もあるとか。
むかしの手紙時代は、年に1度、手紙をまとめて燃やして処分した記憶があります。本名や住所を書く人も多く、一部または全部を処分しました。自分で勝手に"手紙供養"と呼んでいました。最近のメールはかなり保存してありますが……

画像は部屋で撮った写真ですが何年か前のものです。このときはお出かけしてみたものの寒い日だったので早く帰ってきて、もの足りない気がして写真を撮ってみました。春はまだ遠いです

Trackbacks

コメント

< 七草の日 | top | 画像掲示板 >