怪我の功名

HPにある写真の中には、足に怪我をしてたときや、火傷がまだなおってないときの写真があります。包帯をほどいてストッキングをはいて……そんなふうにしたことをなんとなく憶えています。突き指をしたときも包帯はほどきましたが、傷はなかったので写真ではわかりません。だからいつのことだったかもう忘れました。あたしはよく怪我をする人なのかも。
いちばん長引いたのは20代のころ両脚のふとももの筋を痛めたときでした。階段の昇り降りがいちばん大変でしたが、歩くときは、ひざが少しでも曲がると太ももに負担が来るので、ひざをまっすぐ伸ばして慣性とバランスで前へ進んで行く感じです。たぶんそういう歩き方のほうが綺麗に見えたと思います。怪我の功名というのでしょう。男装のときはお尻があまり振れないように意識して歩くのですが、脚が痛くてはムリはできません。

Trackbacks

コメント

< 世代の話の続き | top | だんだん寒くなると >