日本の両性具有神

日本の神話のアマテラスオオミカミは男装する女神で、スサノオノミコトは女装する男神という話を9/29に書きましたが、アマテラスオオミカミは男性だとか両性具有だとかいう見方があったそうです。
「明治以前にはアマテラスはさまざまな姿で描かれていた。たとえば『源平盛衰記』では衣冠束帯に身をかためた貴人の男性として出てくるし、室町時代の三十番神図には烏帽子をかぶった狩衣姿で笏をもっている。中世の『日本書紀』注釈書である「中世日本紀」でもたいていは男性神として描かれる。……『日諱貴本紀』では両性具有にもなっている。」(松岡正剛 http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0668.html) ちょっと気になったのでメモ。

Trackbacks

コメント

< クラインフェルター症候群 | top | 『和漢奇事変生男子之説』 >