クラインフェルター症候群

 クラインフェルター症候群というのを初めて知りました。人の性染色体は女はXX型、男はXY型ですが、稀に(1000人に1人とも)XXY型, XXXY型, XXXXY型というX染色体が余計にある人があるそうです。"Y"が含まれるので外見上は男性として本人も気づかずに生活している人もあるとか。"XX"も混じってるので女性的な部分もあるらしいです。染色体を調べないとわかりませんが、外見上の特徴というのが言われています。
 つまり「(a)不妊。(b)思春期に乳房が発達することもある。(c)骨粗鬆症になりやすく、(d)女性の更年期障害に似た症状を呈することもある」など。鳩子は(b)はなかったですし(c)はまだありません。更年期障害は自覚しています。
 そのほか「不完全な男性型体型、運動は苦手」はそうなのですが、「顔面の毛髪の発育の低下」は極端なものではありません。「内気。主体性に欠け、感受性が高く」はそうですが「学習障害、集中力の欠如」は違いました。
 半々くらいですね。でも「1000人に1人」は少なくはないし、気づかずに一生を過ごす人もいるくらいだから、もしかしたら……? 性格に積極性がないので何かデータがあればカムアウトできなくもないかなという感じ。
(「長身」が特徴という説明もありますが一概に言えないという解説もありました。「手足が長い」というのもあって否定する解説は見ませんでしたが、これも同様でしょうね。)
---------------------------------------
アルバム3「夏の思い出」アップ3枚では少ないかも

Trackbacks

コメント

< 日記 | top | 日本の両性具有神 >