『土佐日記』

 「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」
 平安時代に書かれた紀貫之の『土佐日記』の冒頭の部分です。男が書くという日記を、女が書いてもいいのではないか、でも女が書くからには女の文字や言葉で書きたい、という意味なのですが、それを書いた人は紀貫之という男性なのです。
 時代は唐風文化を真似るより日本独自の文化を作り出そうというときでした。男が書く文字は漢文と決まっていた時代でしたが、女が使う文字として作られたひらがなが普及していったころでもありました。そのひらがなで書くということは、言葉だけでなく女そのものを装おうことになり、別人格の女性の視点から、自分自身を「ある人」と呼び、そうやって何か新しい世界が見えたことでしょう。

Trackbacks

コメント

< 笑ってごまかしました | top | 新潟県大地震 >