本格的な方法よりも?

 アメリカの人からメールが来たとき、翻訳プログラムにかけてみたら、あたしのホームページのことを「本格的な方法よりもずっと魅力的」というような日本語文が表示されたことがあります。本格的とは何のことかしらと、元の英文を見たら「ハードコア」だったので、これなら英語のままのほうがよく解ります。
 彼らのほめかたは、客観的に比較したり、見たままの事実をオーバーに表現したりすることが多いような気がします。日本人の場合は、自己の感じた内面描写がメインになって、よく言えば叙情的、でもある程度の文才がないと、どこかで聞いたような言葉ばかりということになりますが、文化の違いなのでしょうか。

 右の写真は以前、鳩子の別室の「思い出のアルバム」に載せてたものでした。

Trackbacks

コメント

< クリシュナ | top | 笑ってごまかしました >