クリシュナ

 インドの美青年の神・クリシュナが最も愛した女性は、ラーダーという羊飼の娘といわれます。一説によると、ラーダーにはアヤナゴーシャという夫があったとか。そこでクリシュナは女神の姿に身を変えて逢いに行ったそうです。
 右の絵は1820年頃描かれたもので、ヤムナー河畔を散歩する二人ですが、「衣服を取り換えている」という説明があります。(レイチェル・ストーム『世界の神話百科・東洋編』原書房より)

Trackbacks

コメント

< 変成女子二件 | top | 本格的な方法よりも? >