トランスジェンダーの墓

鳩子の肉体が滅んだとき、鳩子の魂はどこへ行くんだろうと思うことがあります。「鳩子」の名前のお墓はできないでしょうから、お墓参りする人もいないわけです。
化けて出ようにも、今の世の中を作った張本人が誰なのかもわかりません。

こんなあたしでも短い期間ですが今まで女性として愛してくれた男性もいたかもしれません。彼らは老年になったとき今まで交際した女性たちとともに、鳩子のことも思い出してくれるのではないかと思います。それは一つの救いでしょうね。
天国に行ったら本当の女の子になれるなんていう話は信じられません(ごめんなさい)。

でも無名戦士の墓のように、みんなまとめてでいいから、ある一つの場所で誰かに小さな花を添えてもらえたらいいかもしれませんね。
だから普段お寺にお参りしたときは無名の人たちのことをお祈りしてあげたほうがいいのかも。

旧題『無名戦士の墓』

Trackbacks

コメント

< 好きな季節は夏 | top | 変成女子二件 >