1月の終わり

津田れい子さんのところとリンク。青木レイコさんのところでも見かけた人なのですが、画像掲示板No24「冬木立ち」の鳩子の写真がちょっと似ているかも?? 偶然NHネットで見つけてメールしてみました。
鳩子の別室が2、3日前に更新。
1月の表紙のこの写真はある年の3月末に雪が降ったときのものでした。

夢想する窓

「おまけ」に「Dreaming window (夢想する窓)」1ページをアップ。
ちょっとした思いつきで、一種のパズル? 
(この写真はちょっとセクシー過ぎるかもしれませんね。transのときに下着をつけて鏡を見ると、そのときほっとした気持ちになって、自分で見とれたりしてます。男性は違う視線で見るのでしょうけど。)

風の中の鳩子

風の中の鳩子
アルバム2「風の中の鳩子〜春」。

昨日が大寒。ほんとに春が待ち遠しい今日このごろです。春になったらいろいろプランを立てましょう。

画像掲示板

アルバムに「さよなら2003年」をアップ。今年の撮影ではありません。
7日から「画像掲示板」をスタート。すぐに見つけてハリコしてくれた人がいて、嬉しいものです。 infoseekの別室のスペースに設置しましたが、自分でCGIアップロードも難しいものではないのですね。
乾陽子さんいぬいようこさんのサイトを見たら「日本の祭」という、詳しく調べた記事が載ってました。あとでじっくり拝見しましょう。

手紙供養

暮れの12月8日は、針供養といって、女性たちが折れた針や使えなくなった針を豆腐などに挿して寺社に納めて供養し、お裁縫の上達を祈ったといいます。その日は針仕事も休みます。2月8日に行う地方もあるとか。
むかしの手紙時代は、年に1度、手紙をまとめて燃やして処分した記憶があります。本名や住所を書く人も多く、一部または全部を処分しました。自分で勝手に"手紙供養"と呼んでいました。最近のメールはかなり保存してありますが……

画像は部屋で撮った写真ですが何年か前のものです。このときはお出かけしてみたものの寒い日だったので早く帰ってきて、もの足りない気がして写真を撮ってみました。春はまだ遠いです

七草の日

お正月は、お料理や台所仕事など、女性は働かなくても良かったそうです。お正月のあいだは、そういうのは男性がしたということです。今は、どうでしょうね? 神さまや床の間のお供えだけは男性がする、という習慣はまだかなり広く残っているかもしれません。HPを御覧の男性の皆さんはどうしているでしょうか。

(1/7 Photo BBS 開設の書込)
2004年です
あけましておめでとうございます。
春の花と雪の写真です。
この春の花は、椿で、しかもかなり散ってしまっています。
雪の季節に咲いた花なのか、
花の季節に降った雪なのか、どちらでしょう?

お正月(2004)


 ホームページを始めてから初めてのお正月です。
 今日から日記を付け始めようという人もいるかもしれませんが、HPのこのdiaryはけっこう続いていると思います。毎日ではないのがいいのでしょう。
 今年の目標については、1月中に考えてみましょう。(ここで目標や抱負を真剣に考えたりするような書き方だと、日記というのは三日坊主に終るのかも?)

6日 2003年表紙写真集 ホームページの表紙の写真の2003年ぶんを1ページで見られるようにしてみました。(その後、日記内の各ページにに貼り付け)
 アルバム1から2へ移動したページがあります。リンク集にみつぐさんの「癒しの楽園」。12/20頃かんのみほさんの「みほのスナップ写真」もリンクしました。年末に書き忘れでした。ジオシティの現在のHP容量7.2MB

| top |