詩について

 鳩子のHPでは、メニューの上位に「詩集」があります。あまり長いものを書く能力もなく、短い文に写真を添えれば見ばえもよくなるので、そうしています。
 詩といっても、感じたり想像したりしたことを、素直に書くだけです。ただしあまりに普通の女性の詩にしか見えないものは、ちょっと面白みに欠けるかもしれないので、取捨選択はします。
 ほかの人のサイトでいくつかの詩を見たことがあるのですが、女性としての存在を認めてくれない社会への漠然とした批判メッセージがテーマのものが多く、やや暗い印象をうけました。もっと、自分のしてきた努力の過程での小さな悩みや喜びを、一つ一つ確認しながら、具体的な人……過去の知人とか、そういう人を少し美化したり脚色したりした架空の人でもいいですから、個性をもった相手へのメッセージのように書けばいいんじゃないかって思います。

Trackbacks

コメント

< 美人タイプの宇宙人男性 | top | クミコの『接吻』 >